1. HOME
  2. 金融テクノロジー/サービス

金融テクノロジー/サービス

祝ウェブサイトローンチ!NRI金融ソリューション(英語版)

2011年01月18日

ウェブサイト

NRI Financial Solutionsウェブサイト
今日は新しいウェブサイトのお知らせです。

をローンチしました。今後、一層力を入れて、海外にもNRIや日本・アジアの業界情報を発信していきたいという思いで、英語のウェブサイトを制作しました。今後は、グローバル発信へ向けたコンテンツなども強化していく予定です。このウェブサイトは、ニューヨークのPRエージェンシーと制作したのですが、英語のデザインやいい回しなどは日本語とはダイナミックに異なり、色々と勉強になりました。。英語だと、日本語では恥ずかしいようなこともアピールしなくてはいけなかったりしますから、時には日本文化の美徳である謙虚さを捨てての制作です。

明けましておめでとうございます

2011年01月04日

雪の朝

雪の積もった川沿いの朝

明けましておめでとうございます。2011年もよろしくお願い致します。
こちらのお正月は、年末より気温がぐんと上がり、10℃前後の「暖かい」年明けとなりました。人間不思議なもので、-7℃の生活に慣れると、10℃が暑いぐらいに感じ、単純なニューヨーカーは半そでで歩き周っている人もいました。

2010年は、世界の多極化が顕著に表れた年だったと思います。もはや世界のバランスは、米国だけがリードしている状況ではなく、2011年は、ますますアジアや新興国への注目度が高まり、世界を形どっていくだろうことをNYから実感しています。日本もダイナミックに変わる世界の中で臨機応変にポジショニングをしていかなくてはいけない年になると思います。

世界が多極化する一方、テクノロジーの発展はものすごいスピードで進化しつづけ、色々なボーダーラインをフラットにコネクションし、私たちのライフスタイルを早いペースで変化させています。特に、新年早々に報道された、ゴールドマンサックスがFacebookに投資する話にも見てとれるように、SNS(ソーシャルネットサービス)などのあらゆるビジネスでの活用などは、私たちの生活をがらっと変えています。新聞記事を読めば、SNSの友人が勧めている他の記事が自動的に推薦されたり、ニューヨークにいると知らなかった高校の同級生との縁が急に復活したり、主流メディアの報道しないニュースがいち早く手元で共有されたり、SNSでの共同購入でブランド品が格安で買えたり・・読者の皆様もSNSの威力に驚かさることを良くも、悪くも、数々経験されていることと思います。

多様な情報が色々なフィルターで統合され、個人仕様に届けられていくこの現象は、金融機関でも2011年はどんどん活用されていく事と思います。これは日本の得意とする「おもてなし」精神が輝ける分野でもあり、日本のビジネスが海外でも評価されるようになるきっかけにもなると思います。(今やミシュランで三ツ星がつけられた日本のレストランは、世界中の食通SNSやブログで噂されていることでしょう)日本流おもてなしをワンステップ格上げし、世界に持っていくためには、より多くの日本の人が、世界の多様な価値観に触れる機会を持つ事だと思います。

「老齢化社会」「少子化」「年金問題」「雇用問題」「引きこもり」「格差社会」など暗いニュースが多く、私たちの世代はまるで問題だらけかのように報道されていますが、日本には多くの皆さんが自覚していない良さや可能性がたくさん詰まっていると思います。そんな日本がうさぎのように元気よく跳べる年になりますことを、NYから応援しています。

テクノロジー最先端Citiバンクの新拠点

2010年12月29日

citi.jpg

Citi バンクの新しいハイテックマンハッタン拠点

12月に、Citiバンクがマンハッタンの中心地、ユニオンスクエアに新しい拠点をオープンさせました。なんでもテクノロジー最先端の拠点で、24時間Citiの担当者とビデオカンファレンスできるシステムが置いてあったり、WiFiが使えたりするそうです。

家の近所ということもあり、先日うちの犬と行ってきました。NYの銀行はドッグフレンドリーで、よく銀行にはビスケットが置いてあるので、うちの犬は銀行大好き、です。

銀行は、新しくてとても広く、マンハッタンに余り支店のないCitiにとってはプライムロケーションです。お客さんも嬉しいのでは。テクノロジー最先端は体感できなかったのですが、それよりも驚いたのが、店内でスケートしているお姉さんがいた・・・!マーケティングキャンペーンだとは思いますが、なぜ銀行でスケート?!(笑)。うちの犬も不思議そうに見ていました。

Sibos 2010 アムステルダム その2-名物

2010年11月12日

SIBOS2010 041.jpg

ハープで会場を癒す女性

SIBOS2010 046.jpg

ドイチェバンクの有名マッサージ

SIBOS2010 048.jpg

通路のマジシャンは大人気

SIBOS2010 054.jpg

職人クッキーやさん、カスタマイズクッキーを作っていました。

SIBOS2010 051.jpg

HSBCがいつも連れてくるバリスタだそうです。とてもおいしいコーヒーを振舞う、知る人とぞ知るバリスタ。

SIBOS2010 044.jpg

チューリップを配る、チューリップお姉さん。

というわけで、各社趣向を凝らし、色々なサービスを提供していて面白かったです。毎年あるので、「あそこのブースは○○がある」「あそこでは○○が飲める」など、評判が定着するようです。

Sibos 2010 アムステルダム その1

2010年11月10日

SIBOS2010 001.jpg

Sibos会場

SIBOS2010 007.jpg

会場内の様子

SIBOS2010 014.jpg

インタラクティブなセッションも

 

ご無沙汰しております。先月は、アムステルダムで行われたSibosに行ってきました。SWIFTの主催する大きなカンファレンスで、今年も参加者は8500人程だったそうです。アムステルダムは、NYよりも寒く、天気が丁度悪いときでどんよりしていて残念でしたが、紅葉真っ盛りでした。アムステルダムの街は、Sibosで盛り上がっているといった感じで、飛行機もホテルも、参加者で一杯という具合でした。2012年には、大阪でやるそうです、楽しみですね。

私は日本のカンファレンスに参加したことがないのですが、欧米のカンファレンスはみなさん「楽しんで」カンファレンスに参加しながら、ビジネスを行うのがとても上手です。各種ブースも色々な趣向が凝らしてあり、まるで大人の文化祭といった具合でした。詳細は次のエントリーでお届けします。また、欧米の人たちが上手なのは、参加者を巻き込んだディスカッションという点だと思います。Sibosでも、今年はホットトピックに関するアイディアを書き込むホワイトボードなどが設置してあり、面白いアイディアだと思いました。色々な人の意見がリアルに切磋琢磨することが、業界スタンダードの推進に繋がっているのだなと実感しました。今年はやはり、コーポレートアクション、データマネジメント、ISO20022、クラウドといったテーマに注目があったと思います。