1. HOME
  2. 海外通信
  3. NYオフビート

NYオフビート

カスタマーサービスの進化

2012年05月16日

AskAlex.jpg

ユナイテッドエアラインの新しいカスタマーサービスチャット

日本の皆さんは、海外に行くたびにカスタマーサービスの低さに驚いた経験があるかと思いますが、もちろんアメリカも例に漏れません。NYで仕事をしていても、カスタマーサービスのひどさには日々驚かされるばかりです。

一方で、アメリカが面白いなと思うのは、ひどいサービスも多い中、ビジネスで顧客重視の所は、どんどん改善していこう、という努力が顕著にみられるケースです。私自身の最近の体験では、Citiバンクなどのカスタマーサービスは、夜にかけると、オフショアロケーションに電話がかかり、ひどい対応をされたものですが、それも3・4年前の話。オフショアのカスタマーサービスのトレーニングやシステムが整ったのか、今では円滑なコミュニケーションができるようになりました。

最近とても驚いたのが、ユナイテッドエアラインのホームページにあるチャットのカスタマーサービス。米国では、オンラインビジネスが進化しているので、最近ではチャットでカスタマーサポートを対応してくれるビジネスが随分増えたのですが、このユナイテッドエアラインの「ALEX」さんはとてもすごいのです・・・。

例えば、チャットでも本当の人間が対応してくれているところが殆どですが、どうやらALEXさんはコンピューターのようで、チャットウィンドウに「新しいマイレージカードが届かないのですが」と書き終わる前に「ハイ、新しいカードは今手配中です。また、お待ちになっている間こちらのページから仮のマイレージカードが印刷できます」となんとその参照ページまでナビゲートしてくれるのです。

普通のように聞こえますが、本当に速さにびっくり。
「Thank you」のTha...までタイプしたところで「ご利用有り難うございました」と言われる具合です。今までのたらいまわしカスタマーサービスとは偉い差で、本当にびっくりしました・・・。これはもっと普及するのではないかと思います。

パブリックスペースで外を楽しむ

2012年05月09日

public space.jpg

エンパイヤーステートビルディングの見える公園

外を楽しむのが良い季節になってきました。NYの良いところの一つは、パブリックスペースで外を楽しめるところが多いところだと思います。公園にはベンチがたくさんあったり、会社の外にもテーブルがたくさんあったり、道路の少ししたスペースも歩行者天国や、夏にはテーブルを写真のように置いたり。観光客の人もちょっと一息できますし、働いている人もお昼に少し出て外の空気を吸えたり、そんなところでは知らない人との会話も弾んだりしてNYらしさを満喫できます。

景気が悪くてもホリデーシーズン

2011年12月14日

holiday.jpg

フロアがカラフルに点灯されたフリーダムタワー


NYもすっかり寒くなり、トレードマークの冬がやってきました。街はホリデーシーズン一色です。不景気とあり、今年のホリデー商戦は、いつもより気持ち早く始まった気がします。401Kのアカウントページを怖くて開けない日々を送っています・・・。そして円高のため、NYの日本から輸入したものは、値上がりしてしまい、日本食からも遠のいています。

holiday2.JPG

金庫が残るレストランのツリー

 

 


景気は悪くても、街のホリデーデコレーションはばっちりです。特に去年より減った気はしません。先日東京にいましたが、「節電」を謳っていた夏だったので、イルミネーションも減るのかなと思っていましたが、街は意外ときらびやかで驚きました。日本の方が、人が多いからか、余り街の景気が悪い感じはしませんでした。

 

今週は、某メディアで「金融市場からサンタクロースへのお願い10個」などという記事があったりして、バッドニュースが続くウォールストリートの大人もサンタクロースへすがりたい、といったところのようです。

アートの溢れる街

2011年06月23日

art-soho.jpg

ストリートアート

すっかりNYも夏らしくなり、夕日が沈むのも夜8時過ぎになりました。外が歩くのが気持ちよい季節です。先日SOHOで買い物をしていると、新しくできていたストリートアートに気がつきました、素敵ではないですか?NYでは、プロを雇って定期的に模様替えをしている壁もたくさんあります。うちの近所の中学校でも、時々絵が塗り変わっています。絵だけではないですが、音楽などもNYでは外を歩いていると溢れていて、歩いているだけでもいつでも楽しめる街です。

春は・・あった?

2011年05月18日

tulip.jpg

flower.jpg

NYの厳しい冬を終え、春はあったのかなかったのか・・・。NYは、春が来る頃になると、いきなりお花畑だらけになるのですが、それというのも、ガードナーの人たちが、一斉にお花を植え始めます。上の写真は、オフィスビルの周りで必死にチューリップを植えている人たちです。既に咲いているチューリップで、写っているダンボールは全部そのチューリップ!なので、植えるとあっというまにお花畑になる、というわけです。下の写真は、川沿いにある歩道ですが、このお花たちも近所のボランティアの人によって埋められました。なんだか、無理やり春を演出している感じ・・?

1  2  3  4  5  6  7  8  9  10