1. HOME
  2. ガンバレ日本!

ガンバレ日本!

初めての中国、大連で刺激

2010年04月19日

出張で、中国の大連に行く機会がありました。大連では、NRIはBPOサービスを提供しています。今回はそのBPOサービスを見学しに行く出張だったのですが。出張へ行く前は、BPOだし、何か、単純な作業を低コストで、日本側が上から目線な感じでやらせているような作業なのかなという漠然としたイメージしかなかったのですが・・。実際に作業現場を見てとてもびっくりしました。というのは、働いている人たちが楽しそうで輝いていること!

とてもクリエイティブにどうやったら仕事が効率的にできるか、間違いが防げるか、モチベーションがあがるか、ということに取り組みながら、同年代の人たちが積極的に元気に仕事をしていました。みなさん非常に優秀で、日本語を上手に喋る人たちばかりだったので、私が大学で学んだ中国語を披露する必要なく終わってしまいました。(笑)

とても新鮮で、刺激的だったのと同時に、自分も含め、日本の若者がもっと頑張らないと、日本は本当に世界に置いていかれると、今まで以上に危機感を感じました。現在の中国は20年前の日本だ、と形容されたりしますが、20年後の日本を考えてぞっとしました。どうしたら日本も元気になるでしょう?これはしばらく個人的な課題となりそうです。


大連の風景

大連の風景

空気が読めない人

2010年03月24日

最近の日本では、「あの人空気読めないよね~」っていう会話を普通に聞くようになりました。空気を読めないってすごく便利な言葉(ですし、日本の美文化でもある)と思いますが、ある意味「相手の気持ちを察して当たり前、場の雰囲気を分かって当たり前、気まずいことは言うな、冒険は避けろ」的なメッセージもついでに内包してしまっている言葉でもあるような気がします。「出る釘は打たれる」をモダン語にしたというか。だってみんなで空気を読み合って同調している世界を想像してみてください、ちょっと気持ち悪いと思いませんか?と、自己主張だらけのアメリカに住むと、そういう風に考えるようになります。

20100125

2010年01月25日

JR東海が日本の新幹線を北米に売り込む、というニュースを見ました。ご存知の方は多いと思いますが、アメリカでは多くの電車は歩いた方が早いくらいの速さ、サービスに関しては、・・ていうかサービスってあるんだっけ?というレベルです。日本が新幹線を売り込むのは素晴らしいと思います。こうやって日本の素晴らしい産業・製造技術が新幹線以外でも活用されていくように、日本の企業はリーダーシップをとっていくべきです。私も一緒に新幹線を売り込みに行きたいぐらいです。積極的に海外進出ができないなら、M&Aでもしてずうずうしいくらいに日本の良さをアピールしていかないと、損な時代だと思います。ちなみに、アメリカの新幹線で、さらに地方のお弁当なんて売られるようになったら・・・最高です。その場合は米国でも頑張ろうとしている、セブンイレブンが協力提携すればいいです。(アジア風KOBE BBQとか、オレゴン産サーモン押し寿司弁当とか・・・)


北米各地で走る・・遅い電車アムトラック

北米各地で走る・・遅い電車アムトラック
≪ 前へ 1  2  3