1. HOME
  2. 2011年

2011年

景気が悪くてもホリデーシーズン

2011年12月14日

holiday.jpg

フロアがカラフルに点灯されたフリーダムタワー


NYもすっかり寒くなり、トレードマークの冬がやってきました。街はホリデーシーズン一色です。不景気とあり、今年のホリデー商戦は、いつもより気持ち早く始まった気がします。401Kのアカウントページを怖くて開けない日々を送っています・・・。そして円高のため、NYの日本から輸入したものは、値上がりしてしまい、日本食からも遠のいています。

holiday2.JPG

金庫が残るレストランのツリー

 

 


景気は悪くても、街のホリデーデコレーションはばっちりです。特に去年より減った気はしません。先日東京にいましたが、「節電」を謳っていた夏だったので、イルミネーションも減るのかなと思っていましたが、街は意外ときらびやかで驚きました。日本の方が、人が多いからか、余り街の景気が悪い感じはしませんでした。

 

今週は、某メディアで「金融市場からサンタクロースへのお願い10個」などという記事があったりして、バッドニュースが続くウォールストリートの大人もサンタクロースへすがりたい、といったところのようです。

初めての築地

2011年11月01日

tsukiji.jpg

築地で横たわるまぐろたち

9月は、トロントに東京出張と非常に忙しかったのですが、そんな忙しさの合間を縫って、出社前に築地へ見学に行ってきました。今まで行ったことがなかったので、一度は行ってみたいと思っていたのですが、まぐろのセリを見るとなると、4時起きコースなので、意を決して行って来ました。驚く事に(?)早朝から大混雑で、周りは海外の人だらけ。(私も中国人に思われたことでしょう)

そんなに人気スポットですが、あくまで事務的な観光コース。待っている間は、待合室で大声を上げるな、手をあげるな、車に気をつけろ、、など注意事項がひたすらループされたビデオが流れ、洗脳されます。危ないので、蛍光色のベストを着せられ、幼稚園生のように警備員さんに連れられ、セリのところまで行きます。こんなに人気なので、東京タワーのように、もうすこし「おもてなし」して東京の宣伝をすれば良いのに、と思うぐらいのそっけなさでした。

セリは、期待通りに感動しました。踊って歌う(っているように見える)セリのプロによって、まぐろがどんどんオークションされていき、何が起こっているかも分からない間にあっという間に売れていきました。築地の中は、まるですぐ外の銀座とは正反対で、不思議な世界でした。テクノロジーの世界とも全く違う世界でしたが、やはりプロの仕事はいつ見ても感動します。

9/11メモリアルに行きました

2011年10月28日

wtc-pond.jpg

ワールド・トレード・センター跡地、9.11メモリアル

9月にとうとう一般公開となった、ワールド・トレード・センター跡地の9.11メモリアルを訪れてきました。ウェブサイトで予約して、行く時間を選ばないといけないのですが、着いてからも非常に警備が厳しく、空港のようでした。まだ、この池の周りを歩けるだけで、周辺のビルや駅は未だに工事中です。私が訪れたのは、9月だったので、訪れた人はお花を置いていったり、池の淵に掘られている名前を手でなぞる人たちの姿があちこちに見られました。

Sibos2011トロントに出展!

2011年10月26日

SIBOS2011.jpg

SIBOS2011年に出展しました。

もう先月の話になってしまいましたが、トロントで開催されたSibos2011で出展してきました。SibosはSWIFT主催のカンファレンスで、去年はアムステルダムにて、今年はトロント、来年は大阪で開催されます。

NRIのブースには、色々な方が寄ってくれました。フランスの人、アフリカの人、トルコの人、中国の人、本当に世界中の人が集まっているカンファレンスです。

Sibosではみなさんブースで色々なグッズを配っていますが、今年はNRIは風呂敷を配りました。私も少し風呂敷のアレンジを勉強して、ワインボトルの包み方や、鞄の作り方などを披露。海外の方も「おぉ」という具合でしたが、私も「こんなに便利なのか」と感心してしまいました。

色々な方に、NRIを知ってもらえる良い機会となりました。大阪で出展する時は、みなさんも是非お立ち寄り下さい!

地震とハリケーン

2011年09月09日

hurricane.jpg
少し遅いレポートになってしまいました・・。8月は、NYは地震とハリケーンに1週間のうちに見舞われ、騒がしい1週間が続きました。それもそのはずで、NYでは「東海岸には地震がない」と思って生きてきている人が大半ですので、地震があった時には、私ですら「テロ?」と思ったほどです。私のオフィスは19階にあったので、大分揺れました。震度3ぐらいだったと思います。地面にいた人はさほど揺れを感じなかったようですが。地震があって、5分後ぐらいにビルの災害マネジャーが、「複数のフロアから、床が揺れているという報告があり、現在原因を調査中です」というアナウンスがあり、「がくっ」としました。そのときには、私たちのオフィスは(日本人も多く)既にニュースで地震だと分かっていたのです。まさかNYで地震を経験するとは思いませんでした。一方で、地震を経験したことがないアメリカ人は、地震と分かる前に自己判断で帰宅する人が多くいました。

そんな地震に驚くもつかのま、ハリケーンがNYCを直撃するかもしれない、ということで、前代未聞の地下鉄シャットダウンに、避難勧告・・結局これは大した被害はなかったので良かったですが、翌朝は上の写真のように至る所で突風の被害がありました。前日は、スーパーでは色々な物が売り切れ(アメリカの場合は、パンと水が特になかったです)パニック状態、本当にどうなるかと思った8月末でした・・。

1  2  3  4  5