1. HOME
  2. 海外通信

目に見えないけど効果があるもの

2011年02月04日

iced trees.jpg

樹氷手前のNYの木

大雪の後、雨が降り冷たい風が吹き、色々なものが凍ってしまいました。樹氷手前と思われるこの光景はなかなかNYでも起こりません。

前回東京に行った時に、友人が机に置く「プラズマクラスター」をくれました。私はプラズマクラスターなんて聞いた事がなかったので、「何この機械?」と聞くと、適当な友人は面白がってか「加湿器みたいなもんだから」ということで持って帰って来たのですが。開けてみると携帯電話みたいな機械をUSBに繋げ、と書いてあるのでつなぐと、弱送風が。しかし扇風機でもないし、水を入れるところもないので「はて。」と思いリサーチしてようやく何の機械なのか分かりました。菌やウィルスの抑制、附着臭の脱臭・・なんて効果があるようですが、そんなニッチな機械がリテール向けに売られていることにびっくりしました。

しかしよく考えてみると、日本は最近そういう、目に見えないけど効果を感じる類の商品がうけているなと思います。プラズマで菌を抑制、イオンで髪の毛をすべすべにして、音波で汚れを浮かす、なんて海外の多くの人が聞いたらまるで未来の魔法の国に見えると思います。

最初は怪訝に思っていたプラズマクラスターですが、試しにオレンジをむいた指をプラズマクラスターに30秒ほどあてたら、本当に無臭になりました・・・。科学の実験みたいで感動しました。美肌効果があるかどうかは、次の出張で東京の同僚に判断してもらおうと思います。

NYの大雪、第2ラウンド

2011年01月28日

january-snow.jpg

1月26日の大雪で真っ白になったマンハッタンの公園

又雪嵐が来る、という予報は聞いていたのですが、今回は寝ている間にだいぶ降ったようで、朝起きて外に出てからびっくりしました。クリスマス直後にも大雪が降りましたが、それを上回る積雪で、すでにNYの1月の積雪量は86年ぶりに新記録を更新しました。近所の公園もご覧の通り真っ白で、美しくなっていました。信号機も見えなくなるくらい雪が降り、公立学校は1978年以来、雪による9回目の休校です。(大雪が以外に少ない事が分かります)

前回の大雪で、ブルームバーグ市長は「除雪作業がなってない!」と厳しいニューヨーカー達にバッシングされたため、今回の大雪はかなりスピーディーに除雪されており、朝の9時には主要な道路はすっかり除雪が終っていました。街のいたるところには雪だるま(アメリカの雪だるまは、だんごが2つではなく3つです!)がたくさんいて、雪は大変ですがやっぱり楽しいです。

祝ウェブサイトローンチ!NRI金融ソリューション(英語版)

2011年01月18日

ウェブサイト

NRI Financial Solutionsウェブサイト
今日は新しいウェブサイトのお知らせです。

をローンチしました。今後、一層力を入れて、海外にもNRIや日本・アジアの業界情報を発信していきたいという思いで、英語のウェブサイトを制作しました。今後は、グローバル発信へ向けたコンテンツなども強化していく予定です。このウェブサイトは、ニューヨークのPRエージェンシーと制作したのですが、英語のデザインやいい回しなどは日本語とはダイナミックに異なり、色々と勉強になりました。。英語だと、日本語では恥ずかしいようなこともアピールしなくてはいけなかったりしますから、時には日本文化の美徳である謙虚さを捨てての制作です。

BPOサービスに関心は高く

2011年01月18日

bpo.jpg

先週開かれたBPOセミナー

こんにちは。現在東京に出張で滞在しています。NYは連日-10℃ぐらいの気温なので、東京は暖かいかな、と期待して来たのですが、結構寒いので残念です。

先週は、NRIプロセスイノベーションのビジネス・プロセス・アウトソーシングサービスセミナーが開催されるということでしたので、少しだけ参加してきました。
欧米では、運用会社によるバックオフィスのアウトソースはだいぶ進められ、現在はミドルオフィスのアウトソースを検討している運用会社も多いです。そんな中、日本ではどの程度皆さんの関心があるのか気になったのですが、多くの参加者の方がいらっしゃっていたので日本でもBPOサービスへの関心は高いことが伺えました。

明けましておめでとうございます

2011年01月04日

雪の朝

雪の積もった川沿いの朝

明けましておめでとうございます。2011年もよろしくお願い致します。
こちらのお正月は、年末より気温がぐんと上がり、10℃前後の「暖かい」年明けとなりました。人間不思議なもので、-7℃の生活に慣れると、10℃が暑いぐらいに感じ、単純なニューヨーカーは半そでで歩き周っている人もいました。

2010年は、世界の多極化が顕著に表れた年だったと思います。もはや世界のバランスは、米国だけがリードしている状況ではなく、2011年は、ますますアジアや新興国への注目度が高まり、世界を形どっていくだろうことをNYから実感しています。日本もダイナミックに変わる世界の中で臨機応変にポジショニングをしていかなくてはいけない年になると思います。

世界が多極化する一方、テクノロジーの発展はものすごいスピードで進化しつづけ、色々なボーダーラインをフラットにコネクションし、私たちのライフスタイルを早いペースで変化させています。特に、新年早々に報道された、ゴールドマンサックスがFacebookに投資する話にも見てとれるように、SNS(ソーシャルネットサービス)などのあらゆるビジネスでの活用などは、私たちの生活をがらっと変えています。新聞記事を読めば、SNSの友人が勧めている他の記事が自動的に推薦されたり、ニューヨークにいると知らなかった高校の同級生との縁が急に復活したり、主流メディアの報道しないニュースがいち早く手元で共有されたり、SNSでの共同購入でブランド品が格安で買えたり・・読者の皆様もSNSの威力に驚かさることを良くも、悪くも、数々経験されていることと思います。

多様な情報が色々なフィルターで統合され、個人仕様に届けられていくこの現象は、金融機関でも2011年はどんどん活用されていく事と思います。これは日本の得意とする「おもてなし」精神が輝ける分野でもあり、日本のビジネスが海外でも評価されるようになるきっかけにもなると思います。(今やミシュランで三ツ星がつけられた日本のレストランは、世界中の食通SNSやブログで噂されていることでしょう)日本流おもてなしをワンステップ格上げし、世界に持っていくためには、より多くの日本の人が、世界の多様な価値観に触れる機会を持つ事だと思います。

「老齢化社会」「少子化」「年金問題」「雇用問題」「引きこもり」「格差社会」など暗いニュースが多く、私たちの世代はまるで問題だらけかのように報道されていますが、日本には多くの皆さんが自覚していない良さや可能性がたくさん詰まっていると思います。そんな日本がうさぎのように元気よく跳べる年になりますことを、NYから応援しています。

≪ 前へ 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17