1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. ソリューション一覧
  4. TriMaster/SmartPort

TriMaster/SmartPort

STP向け電子データ交換プラットフォーム

「TriMaster/SmartPort」はSTP実現のための電子データ受信・変換・照合パッケージです。

  • 概要
  • 特長
  • 活用イメージ
  • サービス体系

概要

「TriMaster/SmartPort」は金融機関間また金融機関内で必要となる多種多様な電子データの交換を実現するためのパッケージです。システム間の電子データ交換において必要となるデータフォーマットやコードの変換、異なるデータ間の照合処理、自社システムまたは他社システムへのデータ接続を自動化し、処理状況のモニタリングを可能とします。

導入企業業種

大手銀行や信託銀行、資産運用会社、証券会社に導入されています。

特長

1.システム間の緩衝剤

金融機関間また金融機関内におけるデータ交換で必要となるシステム間の異なるフォーマット、コードをあらかじめ定義されたルールや変換テーブルにより変換し、必要に応じた項目チェックを行うことが可能です。

2.様々なデータフロー、業務フローに対応

適用業務により異なる様々なデータフロー、業務フローに応じて、処理内容を制御することが可能です。データ受信後、送信先システムに応じたフォーマットに変換して自動送信するもの、ユーザー様による承認オペレーション後に送信するもの、複数データ間での照合を行うもの、照合済データのみを他システムに送信するものなど、データ種類、データ内容に応じた制御が可能です。

3.汎用性の高い処理状況モニタリング画面

システムの処理状況を汎用性の高いブラウザ画面よりモニタリングすることが可能です。ブラウザ画面では表示項目/非表示項目の選択、項目の表示順序、ソート順序、グルーピング表示などを簡単なマウス操作で変更することが可能です。更に表示データをEXCELへエクスポートすることも可能です。

活用イメージ

大手銀行や信託銀行、投信会社、証券会社において、以下のような業務で活用されています。

1.国内/外国株式、債券、為替に関する約定照合/決済業務およびリコンサイル業務

  • 約定管理システムからの取引データ受信
  • 対外システムへの証券/資金決済データ作成、送信
  • 対外システムからのコンファメーションデータ受信、約定照合
  • 対外システムからの証券/資金リコンサイルデータ受信、残高/異動照合

2.金融機関内におけるシステム間データ連携基盤

など

サービス体系

主な機能

  • データ送受信機能:UNIXシステムやWindowsシステムとのデータ送受信をFTP、MQ、HULFTなど様々なプロトコルでリアルタイム処理することが可能です
  • データチェック機能:フォーマットチェック、項目チェックを行います
  • 変換機能:フォーマット変換、コード値変換、マスターデータ付与を行います
  • 照合機能:1:1照合、N:N照合、M:N照合などデータ種類に応じた照合処理を行います
  • 汎用ブラウジング機能:データ送受信状況、データチェック結果、変換状況、照合状況をクライアント端末から一覧形式でブラウジングしたり、EXCELに出力することが可能です
  • 銘柄属性などのマスターデータ管理機能:変換機能や照合機能に必要なマスターデータをクライアント端末から管理(参照/更新)します
  • 帳票出力機能:データ送受信状況、照合状況などを帳票出力することが可能です

標準サーバー仕様例

OS Windows 2008 Server SP2
ブラウザ  
CPU クアッドコア インテル Xeon プロセッサ 3GHz
メモリ 4GB
ハードディスク  
その他アプリケーション  
解像度  
その他  

標準クライアント仕様例

OS Microsoft Windows 7 SP1
ブラウザ  
CPU Intel Core 2 Duo 2.4GHz
メモリ 4GB
ハードディスク 80GB
その他アプリケーション  
解像度  
その他
(管理者端末環境)
 

お問い合わせはこちら

  • 部署金融ソリューション事業二部
  • 電話045-285-3542
  • E-mail23shintaku-sales@nri.co.jp

※TriMaster/SmartPortは(株)野村総合研究所の登録商標です。
※当資料に掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。
※記載された内容は、2017年4月現在のものであり、当社は予告することなく製品・サービスの仕様および価格を変更し、または提供・販売を中止することがありますことをご了承ください。

このページを見た人はこんなページも見ています