1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. ソリューション一覧
  4. TriMaster/DCPort

TriMaster/DCPort

確定拠出年金業務データ交換システム

「TriMaster/DCPort」は「TriMaster/SmartPort」をベースとした、資産管理機関向けの確定拠出年金業務パッケージです。

  • 概要
  • 特長
  • 活用イメージ
  • サービス体系

概要

「TriMaster/DCPort」は、資産管理機関において、レコードキーパーや商品提供機関等からの多種多様な電子データについて、フォーマットやコードの変換、発注/出来や予定/実績の照合処理、自社バックオフィスシステムへの接続、各機関への返信処理を、一括管理できます。

導入企業業種

「TriMaster/DCPort」は、大手資産管理機関に導入されています。

特長

1.システム間の緩衝剤

確定拠出年金制度では運用関連運営管理機関、レコードキーパー(記録関連運営管理機関)を中心として、企業、従業員、商品提供機関、資産管理機関の間で各種の通知、処理の指示データが大量、多種類に発生します。しかし、それぞれのシステムのデータ書式が異なっているため、社内バックオフィスシステムへの接続には、その差異を吸収するシステムが必要不可欠です。

「TriMaster/DCPort」は、データの種類に応じて必要な、外部機関や社内システムへの接続データを作成し、処理の進捗状況管理を効率的に行うことを目的に構築されました。

2.確定拠出年金業務を効率的にサポート

資産管理機関において、拠出、約定、配当、給付等のデータにつき、リアルタイムで受信・処理・接続・管理を実現し、業務を効率的にサポートします。

3.多様なレコードキーパーをサポート

国内の主要なレコードキーパー(JIS&T、NRK、SJDC、BFS)に対応しており、レコードキーパーごとに相違する事務処理フロー、データフロー、データ種類も吸収し、同一の使い勝手をユーザーに提供します。
また、制度変更にも迅速に対応します。

活用イメージ

TriMaster/DCPortシステム全体図

サービス体系

    主な機能

    • データ送受信機能
    • データチェック機能
    • 変換機能
    • 照合機能
    • 汎用ブラウジング機能
    • 銘柄属性などのマスタデータ管理機能
    • DCPort 内データのExcel 出力機能
    • 帳票出力機能

    主な取扱データ種類

    • 月次拠出入金予定、振替依頼/拠出入金実績、引落結果
    • 運用指図、発注/約定・受注連絡/取引報告、照合依頼
    • 満期、償還、配当/継続
    • 給付、還付、返還
    • 残高情報
    • 時価情報
    • 利率情報
    • 資産移管
    • 基礎数値情報

標準サーバー仕様例

OS Windows 2008 Server SP2
ブラウザ  
CPU クアッドコア インテル Xeon プロセッサ 3GHz
メモリ 4GB
ハードディスク  
その他アプリケーション  
解像度  
その他  

標準クライアント仕様例

OS Microsoft Windows 7 SP1
ブラウザ  
CPU Inter Core 2 Duo 2.4GHz
メモリ 4GB
ハードディスク 80GB
その他アプリケーション  
解像度  
その他
(管理者端末環境)
 

お問い合わせはこちら

  • 部署証券ソューション事業一部
  • 電話045-277-9900
  • E-mailsmartport-sales@nri.co.jp

※TriMaster/DCPortは(株)野村総合研究所の登録商標です。
※当資料に掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。
※記載された内容は、2018年4月現在のものであり、当社は予告することなく製品・サービスの仕様および価格を変更し、または提供・販売を中止することがありますことをご了承ください。

このページを見た人はこんなページも見ています