1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. ソリューション一覧
  4. T-STAR/ReportAssist/ EDINET

T-STAR/ReportAssist/ EDINET

次世代EDINET提出書類作成支援ソリューション

T-STAR/ReportAssist/EDINETは、資産運用会社むけのソリューションです。次世代EDINET(全文インラインXBRL)に対応した提出ファイル作成が可能です。

  • 概要
  • 特長
  • 活用イメージ
  • サービス体系

概要

RA-EDINETT-STAR/ReportAssist/EDINETは、次世代EDINET(全文インラインXBRL)に対応した提出ファイル作成サービスです。本サービスは、数値情報だけでなく、文言情報も含めて、開示書類をデータ管理することで、EDINET提出ファイルを正確、かつ短時間で生成し、飛躍的に業務効率を向上させます。

導入企業業種

資産運用会社

特長

運用状況、財務諸表の自動作成機能、充実したレポートデータ訂正機能を提供

T-STARデータを元に、運用状況、財務諸表ページを毎期自動作成します。レポーティング向けデータ訂正機能を充実させ、ファンド正式名称の管理、勘定科目の変更、商品分類の変更なども可能で、訂正後の当期確定データは翌期に前期データとして自動セットされます。

EDINET登録時と同等のチェックを行い、EDINET提出ファイル作成が可能

ワード原稿から次世代EDINETに対応したインラインXBRLファイル変換サービスを提供します。ファイル変換に際して、EDINETと同等のチェックを本サービス上で行うことが可能です。

文言情報のデータ管理により修正漏れの防止、省力化を実現

届出書から有報など関連レポートを効率的に作成可能です。また、共通文言の管理を行うことで、共通文言を一度修正すれば対象レポートすべてに修正を反映させることも可能となります。さらに、毎期修正している日付情報などは自動更新も可能で、レポート作成業務の省力化を実現します。

便利なスケジュール管理機能も搭載

さらなる業務効率化に向け、レポート作成業務のスケジュール管理・ワークフローをサポートします。レポート属性情報をもとに、財務諸表作成基準日、運用状況作成基準日、申込期間、届出日など主要な日付を自動算出したスケジュール管理が可能です。

データの一元管理機能

レポートやファンド間で共通に利用するデータをXML形式で一元管理しますので、データや文書を一か所修正すると対応する各レポートに反映されます。また。財務情報以外の記載情報にも、XBRL対応を見据えた構造を採用しています。

活用イメージ

サービス概要図

ReportAssist-EDINET概要図

画面イメージ

  • レポート一覧画面では、ファンドタイプ、決算日を元に作成すべきレポートの状況を一覧表示します。
  • レポート一覧画面から財務諸表・運用状況、および文言情報の編集画面に遷移できます。
  • ユーザー権限(部署)に応じたアプリケーションの利用制御が可能です。

ReportAssist-EDINET画面イメージ

サービス体系

標準サービスと2つのオプションサービスを提供します。

標準サービス

財務諸表、運用状況のワード出力

EDINET変換オプション

EDINET提出ファイル一式作成サービス

文言管理オプション

共通文言管理、変数化、訂正届出書、8-1書面作成など

お問い合わせはこちら

  • 部署資産運用サービス事業部
  • 電話045-613-7053
  • E-mailreportassist@nri.co.jp

※T-STAR/ReportAssistは(株)野村総合研究所の登録商標です。
※当ページに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。
※記載された内容は、2017年4月現在のものであり、当社は予告することなく製品・サービスの仕様および価格を変更し、または提供・販売を中止することがありますことをご了承ください。

このページを見た人はこんなページも見ています