1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. ソリューション一覧
  4. e-AURORA

e-AURORA

金融機関向け投資情報分析、参照提供サービス

証券会社や資産運用会社をはじめとする金融機関における、投資分析業務や投資情報の収集、社内外への投資情報提供業務をサポートするプラットフォームを提供します。

  • 概要
  • 特長
  • サービス体系

概要

「e-AURORA」は金融機関の投資情報提供業務をサポートするサービスの総称です。
さまざまな投資情報を、ブラウザー上で 200種以上の図表やリストにワンタッチで加工したり、銘柄・業種サマリー情報、チャートイメージなどを使ったプレゼンテーション資料を作成したりすることが可能です。「e-AURORA」には、投資情報端末サービス「e-AURORA Beacon」、投資情報分析サービス「e-AURORA SUPER FOCUS」、ファンド情報ダウンロードサービス「e-AURORA Fundmark/DL」、機関投資家および企業向けサービス「e-AURORA XIRCLE」等のラインアップがあり、投資情報を扱う金融機関などのさまざまなニーズに応えています。

導入企業業種

約300の金融機関 資産運用会社

特長

  1. e-AURORA Beacon(金融情報端末サービス)
    • 証券業務、資産運用業務のご利用シーンに合わせた金融情報を低コストで提供
    • 国内株式情報を中心に、国内外の金融関連指標データ、外国為替、投資信託などの分野をカバー
    • 銘柄登録、チャート、ニュースなど複数画面を自由にレイアウトできる“マルチウィンドウ”
    • 直感的にわかる簡単な操作性とハイレスポンス
    • 専用回線接続のほか、インターネット環境での利用も対応
  2. e-AURORA SUPER FOCUS(投資情報分析サービス)
    • マクロ経済の分析から、債券、株式、CBなどの投資分析、調査、投資アイデアの検証まで、高度な分析をパネルウィザード機能を使って簡単に行うことが可能
    • 時系列分析に必須な加工関数を100以上ご提供
    • 任意の表示期間が指定可能、NRIが1960年代から蓄積してきた豊富なヒストリカルデータベースを最大限に活用することが可能
    • NRIの誇る豊富な金融情報データベースは、プロフェッショナル・ユースの経験で培われた、投資分析のニーズに応えたデータを収録
    • 社内にデータベースを抱えた場合、最も労力を要するメンテナンスをNRIの専門スタッフが責任を持って担当することにより、常にメンテナンスされたデータベースにアクセスすることを可能とし、本来の分析業務に専念していただく
  3. e-AURORA Fundmark/DL(ファンド情報ダウンロードサービス)
    • 広範囲なファンド情報で日本において一般に購入可能なファンドの動向を把握
    • 使い慣れたお客様のご自席PC環境でご利用可能なシステム構成
    • データを自由自在にスプレッドシートへダウンロードができ、使い慣れた表計算ソフトを利用することで生産性を向上
    • 一般に公表されるよりも早く、個別ファンドの日々の販売額の正確な推計値をご提供
  4. e-AURORA XIRCLE(機関投資家および企業向けサービス)
    • SNSをベースとした、情報・イベント共有等のユーザー間のコミュニケーション
    • 適時開示、法定開示の閲覧、全上場企業のXBRLデータの利用
    • NRI独自の調査に基づいた、定性情報のデータベースでは、中期経営計画や、コーポレートガバナンスに関した情報がデータとして利用可能
    • インターネット経由で、ブラウザだけでアクセス可能。企業ユーザー向けには、ファンド、投資家の検索機能や投資家とのコンタクト履歴機能を提供
      (企業ユーザーは決算説明会会場より参加者について検索をする、といった利用方法も可能です)
      ※詳細はe-AURORA XIRCLEのページをご覧ください。

サービス体系

e-AURORA Beacon(金融情報端末サービス)

Beaconは、国内株式情報を中心に、国内外の金融情報をリアルタイムで提供する端末サービスです。
利用情報範囲をカスタマイズすることによる低価格サービスの実現を可能とします。
主に証券、金融機関、事業法人等のリテール部門、資産運用部門などでの利用を想定しています。
また、モバイル端末対応(iPad等)、顧客情報連携なども対応を検討しております。

※iPadは、Apple Inc.の商標です。

e-AURORA SUPER FOCUS(投資情報分析サービス)

SuperFocusは株式・債券などの投資商品データ、企業財務データ、経済データなどを自由に加工・分析できる汎用分析プラットフォームです。ウィザード機能を使い、1960年代から蓄積してきた豊富なヒストリカルデータをもとに簡単に時系列分析していただくことができます。時系列分析に必須の加工関数は100以上ご提供しています。金融分析に特有な多軸グラフを効率的に作成したり、市販の表計算ソフトやプレゼンテーションソフトなどを活用していただくことにより定常的な資料作成のサポートをいたします。

e-AURORA Fundmark/DL(ファンド情報ダウンロードサービス)

Fundmark/DLは投信の調査・分析用データサービスです。日本で販売されている公募投信(単位型や外国籍を含む)および変額年金向け私募投信等、広範囲なカバレッジで日本において一般に購入可能なファンドの分析が可能です。特に販売動向に関するデータなど、パフォーマンス分析に偏らないデータをご利用いただけます。

e-AURORA XIRCLE(機関投資家および企業向けサービス)

企業と機関投資家(ファンドマネージャー、アナリスト)の双方をユーザーとし、企業開示情報の効率的なやりとり、インタビューや決算説明会等のイベント共有を目的としたSNS型のサービスです。全上場企業が発表したXBRLデータ、ユーザー企業の法定開示・適時開示された全ての情報のほか、NRIで厳選した企業の定性的な分析を行う為の情報(非財務情報)に関するデータがご利用いただけます。
e-AURORA XIRCLEのサービス内容の詳細

お問い合わせはこちら

  • 部署投資情報サービス事業部
  • 電話045-277-9470
  • E-maileaurora-help@nri.co.jp
  • 専用サイトhttp://www.e-aurora.jp/

※e-AURORAは(株)野村総合研究所の登録商標です。
※当ページに掲載されているあらゆる内容の無断転載・複製を禁じます。
※記載された内容は、2017年5月現在のものであり、当社は予告することなく製品・サービスの仕様および価格を変更し、または提供・販売を中止することがありますことをご了承ください。

このページを見た人はこんなページも見ています