1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. ソリューション一覧
  4. e-BANGO/image α

e-BANGO/image α

帳票画像保管サービス

e-BANGO/image αは、インターネットから完全に隔絶された環境下でマイナンバー記載書類や重要書類を金融機関の基幹システムと同等のセキュリティで電子化し保管・管理するサービスです。

  • 概要
  • 特長
  • 活用イメージ

概要

クラウドやインターネット接続環境では本当に重要な情報を保管するのは不安だ・・・。
一元管理したい複数枚の書類にマイナンバーを含む書類が一枚でもあると、保管から廃棄までマイナンバー法に則った管理が必要になる・・・。

本サービスはそんな実務上のニーズにお応えするサービスです。

画像をクリックすると拡大表示します。

導入企業業種

大手金融機関で、マイナンバー付口座開設申請書の管理に加えて、これまで倉庫保管されていた全ての書類の電子保管を開始しています。

特長

独自の帳票種別自動識別機能

帳票属性登録を大幅に簡略化する機能です。帳票レイアウトをあらかじめ記憶させることで帳票毎の属性登録項目を低減します。

独自の破棄予約機能

従来の紙ベースの文書管理では、マイナンバー法が求める「不要になったら速やかに廃棄且つ証跡を記録」を充足するには、時間・コスト等の事務負荷が極めて大きく現実的ではありません。

  • 紙書類管理でのマイナンバー記載書類廃棄
    管理帳簿から倉庫・棚・箱の特定と物理的な廃棄が必要。
  • e-BANGO/image αによるマイナンバー記載書類の廃棄
    登録時に予め廃棄日を予約設定することも、あるいは口座解約等イベント発生時に将来の廃棄日を予約設定することも可能で、柔軟且つ確実な廃棄と証跡記録を実現します。

 

活用イメージ

e-BANGO/image αの活用例です。

  • 国税関係書類(契約書等)を画像データで保存、且つデータベースとして管理する。
  • マイナンバーが記載された書類、またはそれを含む書類一式を画像データで保存、且つデータベースとして管理する。
  • 株主総会議事録、ロイヤルカスタマーリスト、特許関連資料等々、重要書類を画像データで保存、且つデータベースとして管理する。

お問い合わせはこちら

  • 部署マイナンバー事業部
  • 電話03-6660-9000
  • E-mailebango-info@nri.co.jp

このページを見た人はこんなページも見ています