1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. 今月のキーワード
  4. 2016年
  5. マイナス金利

マイナス金利

2016年02月

日本銀行は2016年1月29日の金融政策決定会合において、「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入を決定しました。日銀は2013年4月以降、2%の物価安定目標をなるべく早期に実現すべく、「量」と「質」の両面から強力な金融緩和政策を進めてきました。今回の決定によって、これまでの「量」「質」に加え、「金利」という新たな柱が追加されることになります。
今回は、このマイナス金利をとりあげます。

※日本銀行1月29日:「マイナス金利付き量的・質的金融緩和」の導入
https://www.boj.or.jp/announcements/release_2016/k160129a.pdf

マイナス金利政策とは?

「マイナスの金利」とは、聞き慣れない言葉ですが、通常のお金の貸し借りとは逆で、お金を貸した人が、借りてくれた人に対して金利を「支払う」というものです。

ただし、一口に「金利」といっても、預貯金の金利、住宅ローンの金利、国債の金利というように、世の中には実にたくさんの金利が存在します。「日銀がマイナス金利政策を始める」というのは、どのような取引の金利をマイナスにする政策なのでしょうか。

銀行などの金融機関は、日本銀行に「日銀当座預金」と呼ばれる口座を開設し、金融機関同士の資金のやりとりや、日本銀行からの借入れなどに利用しています。今回、日銀がマイナス金利(▲0.1%)を適用する対象は、この当座預金です。つまり、民間金融機関が日銀に対して0.1%の金利を「支払う」ことになるわけです。ただし、▲0.1%が適用されるのは、日銀当座預金全体(※)の一部とされています。2月16日よりマイナス金利の適用が開始されていますが、マイナス金利が適用される範囲は、金融市場の状況を踏まえながら、今後の政策委員会において決定されていくことになっています。

※2016年1月時点の残高はおよそ260兆円です。

マイナス金利で期待されている効果とは?

日銀当座預金に適用される金利は、世の中に存在する多くの金利の「起点」になると考えられています。今回導入されたマイナス金利政策の目的は、世の中の金利全般の低下を促すことで、個人や企業がお金を借り易くする環境を作り出すことにあります。実際、マイナス金利政策が発表されて以降、金融市場では国債や社債の金利が大幅に低下した他、多くの金融機関で住宅ローン金利の引き下げが発表されました。

今後は、個人や企業がこういった低金利環境をうまく活用することで景気が拡大し、結果として2%の適度な物価上昇を実現することが期待されています。

NRIの取り組み

NRIでは金融ITイノベーション研究部を中心に、中央銀行の政策対応を議論する場として「金融市場パネル」を運営しています。また、研究員の時事解説では、タイムリーに中央銀行の動静に対する解説を掲載しています。

研究員の時事解説:井上哲也のReview on Central Banking
金融政策の狙い、背景はその時々で異なり、及ぼす影響、政策に対する賛否も一様ではありません。どのように解釈すべきか、井上哲也が解説します。

金融市場パネル
「金融市場パネル」(Financial Markets Panel)は、金融市場に関する政策のうち、中央銀行による政策(central banking)に焦点を当てて議論するため、研究者と実務家の常任メンバーにお集まりいただいて野村総合研究所が開催する研究会です。2009年3月以来、隔月に1回程度の頻度で会合を開催しています。
金融市場パネル詳細へ

注目ワード : アベノミクス

このページを見た人はこんなページも見ています