1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. 今月のキーワード
  4. 2015年
  5. JPX日経インデックス400

JPX日経インデックス400

2015年08月

国内の株価指数では、日経平均株価や東証株価指数(TOPIX)などが歴史も長く(※)海外での認知度も高い指数ですが、JPX日経インデックス400(以下:JPX400)は2014年1月6日に登場した比較的新しい株価指数です。2014年4月にはGPIFの国内株式パッシブ運用のベンチマークに採用されたこともあり注目が集まりました。

JPX400は名称の通り400の銘柄で構成されており、その対象銘柄は毎年8月に入れ替えが実施されることになっています。2015年8月にも銘柄の入れ替えが公表されましたが、証券各社の予想で候補に挙がった東京電力が採用されなかったことや不正会計問題のあった東芝が除外されたことなどが話題となりました。
この指数をベンチマークとするETFは2015年8月現在で3本上場されており、ファンドも25本設定されています。

※日経平均株価は1950 年9月7日から、東証株価指数(TOPIX)は1969年7月1日から算出が開始されている。

JPX日経インデックス400とは

JPX400は、(株)日本取引所グループ、(株)東京証券取引所、(株)日本経済新聞社によって算出・公表される指数です。 構成銘柄は400銘柄で、以下の基準をもとに選定されます。

母集団 東京証券取引所の市場第一部、市場第二部、マザーズ、JASDAQを主たる市場とする普通株式
銘柄選定
及び
銘柄入替
方法

(1)適格基準・市場流動性指標によるスクリーニングにより1000銘柄を選定
(2)(1)の1000銘柄について定量的な指標(3年平均ROE、3年累積営業利益、時価総額)によるスコアリング
(3)(2)のスコアに、定性的な要素(独立した社外取締役の選任、IFRSの採用、決算情報の英文開示)のスコアを加点
(4)スコアが高い順に400銘柄を選定
前年度採用銘柄に優先採用ルールを設け、前年度採用銘柄については、スコアが440位以内であれば、継続採用。

銘柄入替 毎年6月最終営業日を選定基準日とし、毎年8月第5営業日に入替銘柄を公表のうえ、毎年8月最終営業日に銘柄定期入替を実施。
起算日・
基準値
2013年(平成25年)8月30日・10,000ポイント

※日本取引所グループWEBサイトより抜粋
http://www.jpx.co.jp/markets/indices/jpx-nikkei400/index.html

JPX400は、「投資者にとって投資魅力の高い会社」で構成する株価指数を目指しています。例えば株価指数として一般的な日経平均株価は流動性や業種間バランスなどを考慮して銘柄選定が行われていますが、JPX400は、「ROE(自己資本利益率)」「営業利益」などの収益性に着目している点や、「独立した社外取締役の選任」等の定性的な基準も含めて銘柄を選出しているところが、今までの指数と大きく異なっています。

特に、ROEは国際的に広く認知されている経営指標であり、経済産業省2014年8月の伊藤レポート「持続的成長への競争力とインセンティブ~企業と投資家の望ましい関係構築~」プロジェクト(※1)にも以下のような提言があります。
『ROE を現場の経営指標に落とし込むことで高いモチベーションを引き出し、中長期的にROE 向上を目指す「日本型ROE 経営」が必要。「資本コスト」を上回る企業が価値創造企業であり、その水準は個々に異なるが、グローバルな投資家との対話では、8%を上回るROE を最低ラインとし、より高い水準を目指すべき。』
※1 経済産業省 http://www.meti.go.jp/press/2014/08/20140806002/20140806002.html

2015年6月1日に「コーポレート・ガバナンス・コード~会社の持続的な成長と中長期的な企業価値の向上のために~(※2)」が制定されるなど、日本の経営層も企業経営にあたって社外取締役の活用や収益性への意識を高め、グローバル競争に打ち勝つ強い企業経営力を取り戻す取り組みを進めることが求められてきています。
※2 東京証券取引所 http://www.jpx.co.jp/equities/listing/cg/index.html

JPX400のような指数が定着化し、日本の投資家だけではなく、グローバルな投資家にとっても日本(日本株)への投資がより魅力的になっていくことが期待されます。

 

NRIの取り組み

単行本:ROE最貧国日本を変える

安倍政権ガバナンス改革の本質と行方がわかる 企業と投資家による成長のための対話とは?
上席研究員 堀江が執筆に参加しています。


コーポレートガバナンス・コード

NRIの活動・論文をまとめた一覧です。


JPX400指数の情報提供に関して

IDS(NRI金融情報データベース提供サービス)では、投資情報の提供を適時行っております。

また 8月3日より、東京証券取引所と日本経済新聞社ではJPX日経インデックス400に係るレバレッジ型、インバース型指数の算出開始をいたしました。IDSでもご提供をして参ります。

このページを見た人はこんなページも見ています