1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. 今月のキーワード
  4. 2012年
  5. 資産管理型営業

資産管理型営業

2012年12月

金融リテール営業は、顧客のニーズやライフスタイルなどを把握した上で商品を提案していく、顧客志向の「資産管理型営業」にシフトしつつあります。またコンプラインスを遵守した業務管理の重要性も高まっています。

家計における金融行動

金融広報中央委員会の調査によれば、金融機関を選ぶ際、店舗やATM、インターネットサービス、営業時間といった「利便性」と「経営の健全性」が重要な検討ポイントであることがわかります。そのほかの検討ポイントとして「商品」関連の項目と「営業担当者の対応」がありますが平成24年の調査結果では「商品」関連(黄色帯)よりも「営業担当者の対応」(赤帯)が若干ポイントが高くなっています。この「営業担当者の対応」は年齢が高くなるほど重視されています。
高齢化が進む日本では、今後、顧客との対応内容を充実させることが必要になってくると考えられます。営業担当者は、顧客一人に対して多くの情報の収集と、整理、分析、提案が求められていくでしょう。

金融機関の選択理由
選択理由2つにいて世代別内訳

出所)金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査(二人以上世帯調査)」(平成24年)よりグラフ作成
http://www.shiruporuto.jp/finance/chosa/kyoron_futari/index.html

NRIの金融リテール営業への取り組み

NRIでは金融リテール営業の「資産管理型営業」に向けて、さまざまな調査・企画とソリューションの提供を行っています。

リテールマーケットに対する独自の調査・研究

「高齢者層の金融に関する行動や特性」「米国の資産管理型営業調査研究」などのレポートを定期的に行っています。その内容は、随時公表し、営業企画・経営企画に役立てていただいております。

アドバイザープラットフォーム(APF)

顧客志向の資産管理型営業を支援するさまざまなツールを統合したフレームワークです。顧客の立場にたって、商品を提案していくには、顧客の保有資産、ポートフォリオの評価、リバランス評価、リスク傾向、投資傾向などの顧客の情報を網羅する必要があります。
営業担当者は、APFという一つのプラットフォームを通じて、業務系の各種システム、フロント向けのモバイル・コンサルティング系機能、情報系端末機能、ご契約いただいたお客様向けのレポーティング機能など、必要な情報を横断的に活用することが可能になります。

BESTWAY/FOCUS

投資信託の営業担当者むけの営業支援ツールです。マーケットやファンド情報とお客様口座情報の融合はもとより、お客様に「気付き」をあたえるための機能(資産配分のシミュレーション・相場環境に応じた資産の組み換えなど)を盛り込み、お客様のニーズにあった商品をご案内できます。わかりやすい内容と画面を用いて、お客様と画面を共有しながら対話をすることができ、PCだけではなく、モバイル端末で利用が可能になっています。


今後予定されている投信法改正などの制度変更対応も、情報を素早くキャッチし、ソリューションに反映させていきます。

お問い合わせはこちら

アドバイザープラットフォーム

  • 部署証券ソリューション事業七部
  • 電話03-6660-8787
  • E-mailnri-showm-eigyou@nri.co.jp

BESTWAY/FOCUS

  • 部署銀行ソリューション事業推進部
  • 電話045-285-3119(BESTWAY/JJ カスタマーサポートセンター)
  • E-mailj-bestway@nri.co.jp

注目ワード : 資産管理型営業

注目ワード : ライフプランナー

注目ワード : 投信窓販

投信窓販に関する記事一覧

このページを見た人はこんなページも見ています