1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. 今月のキーワード
  4. 2012年
  5. 新日銀ネット

新日銀ネット

2012年10月

日銀ネット(正式には「日本銀行金融ネットワークシステム」)とは、日本銀行とその取引先金融機関との間の資金や国債の決済をオンライン処理することを目的として構築されたネットワークで、日本銀行が運営しています。
※日本銀行ホームページより引用 http://www.boj.or.jp/announcements/education/oshiete/kess/04202001.htm/

 新日銀ネット構築へ

2009年7月17日、日本銀行は日銀ネットの今後の発展性への課題対応として、新日銀ネット構築を発表しました。第1段階対象業務を、2014年初~同年3月末までの間を目途に稼働、第2段階対象業務を2015年秋~2016年初までの間を目途に稼働する予定です。

日銀によれば、日銀ネットには以下のような課題が存在しているとあります。※

  • 採用している要素技術を前提とすると、最近の技術進歩を円滑に取り入れていくことが次第に困難となってきていること。
  • 長年にわたり様々なプログラムの追加・改修を行ってきた結果、システムの内容が複雑化するなど、環境変化に柔軟に対応していくことが徐々に難しくなってきていること
  • システム構造やプログラミング手法等の設計思想が、最近のニーズに対して十分に応えられなくなりつつあること。

このような課題を解決するために、新日銀ネットは決済インフラのネットワーク化や金融取引のグローバル化、今後の金融サービスの内容や様々なニーズの変化にも対応できるよう、検討・構築が進められています。

※ 日本銀行ホームページより引用 http://www.boj.or.jp/announcements/release_2009/data/set0907a.pdf

NRIの対応

NRIではこうした日銀ネットの動きに対応してソリューションを開発して参りました。今後の新日銀ネットの動きにも即時対応を行っていきます。

日銀決済リアル管理機能をもつ「I-STAR/LC」では、新日銀ネット第1段階(2014年開始予定)に向けて、国債系オペの受渡関連業務をサポートする機能を追加します。また、新日銀ネット第2段階(2015年度予定)への対応を機に、次世代の日銀決済ソリューションを目指して、基盤を含めた全面的な刷新を予定しています。

サービスの詳細につきましてはこちらをご覧ください。
I-STAR

お問い合わせはこちら

  • 部署I-STAR グローバルソリューション事業部
  • 電話045-277-9900
  • E-mailistar-sales@nri.co.jp

このページを見た人はこんなページも見ています