1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. 今月のキーワード
  4. 2011年
  5. 投信窓販

投信窓販

2011年09月

1998年12月に投信窓販が解禁されてから10年以上たち、銀行にとって投信窓販は収益の大きな柱の一つになっています。

銀行での投資信託の販売状況

銀行の投信販売額(株式投信)

出所)投資信託協会及び金融財政事情研究会の資料を元に野村総合研究所推計

リーマンショックによる金融相場の低迷の影響を受け、大きく落ち込んだ銀行の投信窓販は、その後徐々に回復しています。銀行による株式投信の販売額をみると2010年度の下期には、既に、リーマンショック直前の2008年度上期の1.4倍に達しています。

今後さらに投信販売額を増やしていくためには、新規の顧客の獲得・顧客基盤の拡大が重要な鍵となります。それにはインターネットバンキングを活用した投信売買機会を提供することも方法の一つです。また個々の顧客のリスク許容度に応じて適切な商品提供を徹底することも重要だと考えます。

NRIの投信窓販への取り組み

NRIは研究員によるリサーチを継続的に行っております。データの収集や日本国内外の業界動向、日本の制度変更をウォッチしながらレポートを定期的に発行し、サービス開発へのご提案をしています。(リサーチの一部は毎月発行の金融ITフォーカスに掲載しています。)

また、コンサルティングを通じてソリューションの提供を行っています。銀行での投信販売に関するソリューションには、1.BESTWAY/JJ、2.Value Direct、3.FundWebの3つがあります。

1. BESTWAY/JJは投信窓販業務ソリューションです。
投資信託の窓口販売業務における営業店販売支援機能(フロント)から口座管理機能(バック)、確定拠出年金の口座管理機能を総合サポートします。
2. Value Directはインターネットバンキングソリューションです。
個人・法人向けに振込・振替、円預金、外貨預金、投資信託、国債などフルラインアップの商品を取り扱うことができます。使い勝手のよい画面デザイン・操作性、「プロモーション機能」、利用促進のPDCAを支援する「マーケティング支援サービス」などを備えています。2012年1月には Value Directの投信部分だけの機能を提供するValue Direct/投信のサービス提供を開始します。
3. FundWebは、投信販売会社と投信委託会社を接続するネットワークソリューションです。
投信販売会社と投信委託会社間を多対多で接続し、追加設定・解約連絡、基準価額等の業務データの交換、販売会社への情報提供(週報や営業促進資料等)を実現します。

この3つのソリューションを通じて、投信窓販の一連の業務を実現することが可能です。

投信窓販の一連業務イメージ

ソリューションについては以下へお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

BESTWAY/JJ

  • 部署BESTWAY事業部
  • 電話045-285-3119(BESTWAY/JJ カスタマーサポートセンター)
  • E-mailj-bestway@nri.co.jp

Value Direct

  • 部署ValueDirect事業部
  • E-mailvalue-direct@nri.co.jp

FundWeb

  • 部署資産運用基盤サービスプロジェクト部
  • 電話045-277-9150
  • E-mailfundweb@nri.co.jp

注目ワード : 投信窓販

投信窓販に関する記事一覧

このページを見た人はこんなページも見ています