1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. ソリューション一覧
  4. IDS
  5. 投資情報レター
  6. 派生商品
  7. 【 国内派生 】大阪取引所 次期J-GATEの導入について

【 国内派生 】大阪取引所 次期J-GATEの導入について

2016年07月08日

2016年7月19日、大阪取引所(以下、OSE)は、現行J-GATEサービスを刷新した「次期J-GATEシステム」の本番稼動を開始する予定です。本ニュースでは、それに伴う制度変更の概要についてお知らせします。

1. 制度変更の概要

    分類 OSE変更点
    取引時間 取引時間の拡大 指数先物の日中立会開始を15分前倒しし、8:45とする。
    ナイトセッション(以下、NS)の終了を午前5:30まで延長する。
    日経平均VI先物においてNSを導入。16:30~19:00とする。
    売買制度 ノンキャンセル・ピリオド(NCP)の導入 日中立会とNSの寄付き前、及びNSの引け前の1分間を対象に、訂正・取消し注文を受け付けない時間帯を導入。
    対象銘柄は日経225先物、日経225mini、TOPIX先物に限定。
    板寄せ方式による約定値段決定方法の一部変更 現:売り又は買いのいずれか一方に指値がある値段のうち、売呼値と買呼値が対当する値段
    新:売り又は買いのいずれか一方に指値がある値段の最も高い値段に1ティック加えた値段から最も安い値段に1ティック減じた値段の範囲のうち、売呼値と買呼値が対当する値段
    ⇒呼値の制限値幅の上下限値段から1ティック超える値段での約定が発生する場合がある。
    インプライド機能の取扱いを一部変更 TOPIXオプション取引をインプライド取引の対象に追加。
    ※現行は国債先物OPのみ
    またインプライド機能により発生した呼値について、競争売買における呼値の同一値段の順位を次の通り変更。
    現:当該ストラテジー取引に係る呼値が行われたとき
    新:インプライド機能により発生した呼値が行われたとき
    (当該発生以降に値段が変更された時は、そのとき)
    国債先物の繰り延べ期間修正 ミニ長期国債先物を除く国債先物では取引最終日を1日繰り延べることがある。(現行の制度では1~2日の繰り延べ)
    日経平均VI先物取引における最終清算数値算出方法変更 日経225オプションの各銘柄の始値等に基づき算出。
    商品関連 指数オプション取引に係る呼値の制限値幅見直し 一部の指数オプション取引に係る呼値の制限値幅について、銘柄ごとの基準値に応じて設定する方式に変更。(現行は銘柄毎に一律設定)
    対象商品:日経225オプション、TOPIXオプション
    オンデマンド権利行使価格の導入 有価証券オプション取引以外のオプション取引において、参加者側からの申請に基づき、一定の範囲で新しい権利行使価格を追加できる制度を開始。
    当該銘柄は翌営業日から取引可能となる。
    新商品の導入 以下の新商品を上場する。
    ・東証マザーズ指数先物
    ・JPX日経400指数オプション
    ・台湾加権指数先物
    ・FTSE中国50指数先物
    JGB先物関連指数算出 OSE で取引されているLarge 長期国債先物取引の前日比価格変動率に対して一定の倍数を乗じた変動率となるように運用した場合のリターンを数値化した指数を算出する。
    ・JPX 国債先物指数
    ・JPX 国債先物インバース指数
    ・JPX 国債先物レバレッジ指数
    ・JPX 国債先物ダブルインバース指数
    オプション取引に係る
    銘柄設定方法見直し
    TOPIXオプション取引を最長5年の19限月制に変更。加えて追加設定する権利行使価格を50pt刻みから25pt刻みに縮小するタイミングを、取引期間4ヶ月以下から3ヶ月以下に変更。

    有価証券オプション取引の権利行使価格の刻み幅について、1万円以上3万円未満の価格帯を1,000円から500円に変更。

    全てのオプション取引について、取引最終週において権利行使価格の追加設定を実施。(現行では取引最終週には設定なし)

    ※  なお上記の内容は2016年6月末時点のものです。詳細については、日本取引所の下記サイトをご覧ください。
    ・次期J-GATE制度変更等 http://www.jpx.co.jp/derivatives/next-jgate/index.html

2. IDSでの対応方針

     IDSでも次期J-GATE導入に合わせたデータの提供を行います。各提供ファイルにおける対応方針については、別途連絡しているアナウンスをご覧ください。

3. 次期J-GATE稼働予定日

    2016年7月19日(火)より稼働する予定です。

「NRIインテグレート・データ・サービス」および「IDS」は株式会社野村総合研究所の登録商標です。
・本コンテンツの著作権は株式会社野村総合研究所に帰属します。
・本コンテンツの一部または全部を、いかなる目的であれ、電子的、機械的、光学的、その他のいかなる手段によっても、弊社の書面による同意なしに、無断で複製・改変・転載または翻訳することは法律で禁じられています。
・本コンテンツの内容の信憑性、正確性、完全性、最新性、網羅性、適時性等につき、株式会社野村総合研究所はいかなる保証も行いません。また、本コンテンツの利用に起因する利用者およびその他第三者のいかなる損害についても、株式会社野村総合研究所は一切の責任を負いません。

このページを見た人はこんなページも見ています