1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. ソリューション一覧
  4. IDS
  5. 投資情報レター
  6. その他
  7. 【 実績財務 】トヨタ自動車【7203】第1回AA型種類株式…

【 実績財務 】トヨタ自動車【7203】第1回AA型種類株式発行について

2015年09月11日

トヨタ自動車【証協コード7203】(以下、トヨタ自)は2015年7月24日(金)を払込期日として、第1回AA型種類株式の発行を行いました。

本ニュースでは、トヨタ自第1回AA型種類株式の概要およびIDSの対応方針をお知らせします。

1. トヨタ自第1回AA型種類株式の概要

トヨタ自は、低燃費エンジン・燃料電池自動車・高度知能化モビリティといった次世代技術、製品の企画から製造販売に至るまでの事業サイクルに合わせた研究開発投資を行うに当たり、その投資原資として、トヨタ自第1回AA型種類株式ないし第5回AA型種類株式の新設を決定致しました。

本種類株式は、研究投資が自社の業績に寄与するまでの期間と投資家の投資期間を出来るだけ合わせる事が望ましいとして、投資家の中長期での保有を前提とした議決権のある譲渡制限付き種類株式として発行されます。

以下に本種類株式の概要を示します。

属性 概要 備考
募集株式数 47,100,000株
発行価格 10,598円/株
発行価格総額 499,165,800,000円
引受価格の総額 476,703,339,000円
増加する自己資本の額
(注1)
資本金 238,351,669,500円 引受価格の1/2
資本準備金 238,351,669,500円 引受価格の1/2
払込期日 2015年07月24日(金)
発行上限 150,000,000株 AA型種類株式全体の発行上限
剰余金配当請求権 普通株式に対して優先的・累積型・非参加型
残余財産分配請求権 普通株式に対して優先的・非参加型
議決権の有無
単元株 100株/単元 普通株と同一
議決権 の単位 1個/単元 普通株と同一
配当金 初年度発行価格に対して、0.5%、
以降毎年0.5%ずつ増加、5年目以降2.5%固定
譲渡制限 譲渡制限があるため、非上場となる(注2)
転換請求権 AA型種類株式株主より
金銭対価 2020年10月以降、年2回
(4月・10月)
発行価格での買取
普通株式
対価
2021年9月以降、年4回
(3・6・9・12月)
AA型種類株式:普通株式の交換比率、1:1
発行会社より
金銭対価 2021年4月以降、年1回
(4月)
発行価格での買取

■第1回AA型種類株式の発行価格等の決定および第1回AA型種類株式発行に応じた自己株式取得に関するお知らせ
(http://www.toyota.co.jp/jpn/investors/stock/share_2015/pdf/commonstock_20150702.pdf )  より抜粋

■AA型種類株式に関するご説明資料
(http://www.toyota.co.jp/jpn/investors/stock/share_2015/pdf/commonstock_20150616_02.pdf) より抜粋

注1:米国会計基準では、第1回AA型種類株式は、株主が金銭対価での取得請求権を有するため、株主資本として取り扱われず、負債と株主資本の中間区分に独立して表示されるため、連結財務諸表においては資本金および資本準備金の額は増加しません。

注2:東証の有価証券上場規定の第205条10項(内国会社の形式要件)(10)株式の譲渡制限より。

2.IDSでの対応方針

トヨタ自AA型種類株式に対し、IDSでの対応方針については以下の対応を予定しています。

種別 概要
詳細財務 新規科目(中間資本:MezzanineEquity)の追加
現行財務
与信(銘柄選択)財務
純資産額への加算

「NRIインテグレート・データ・サービス」および「IDS」は株式会社野村総合研究所の登録商標です。
・本コンテンツの著作権は株式会社野村総合研究所に帰属します。
・本コンテンツの一部または全部を、いかなる目的であれ、電子的、機械的、光学的、その他のいかなる手段によっても、弊社の書面による同意なしに、無断で複製・改変・転載または翻訳することは法律で禁じられています。
・本コンテンツの内容の信憑性、正確性、完全性、最新性、網羅性、適時性等につき、株式会社野村総合研究所はいかなる保証も行いません。また、本コンテンツの利用に起因する利用者およびその他第三者のいかなる損害についても、株式会社野村総合研究所は一切の責任を負いません。

注目ワード : 種類株

種類株に関する記事一覧

このページを見た人はこんなページも見ています