1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. ソリューション一覧
  4. IDS
  5. 投資情報レター
  6. 国内債券
  7. 【 国内債券 】合併・分離に伴うNRI発行体コード修正につい…

【 国内債券 】合併・分離に伴うNRI発行体コード修正について

2012年05月11日

2012年4月1日付で公募債発行の発行体で合併・分離が発生致しましたので、概要ならびにIDSの対応をお知らせします。

1.合併・分離の概要

1)住友信託銀行・中央三井信託銀行・中央三井アセット信託銀行の合併

2)投資法人の合併

3)国際協力銀行(JBIC)の日本政策金融公庫(JFC)からの分離

2.IDSの考え方

1)住友信託銀行・中央三井信託銀行・中央三井アセット信託銀行の合併

住友信託銀行、中央三井信託銀行、中央三井アセット信託銀行の三行の債務は、全て新会社である三井住友信託銀行に承継されます。存続会社は旧住友信託銀行であるため、新会社のNRI発行体コードは、旧住友信託銀行と同じコードを用います。また、旧中央三井信託銀行が発行している債券のNRI発行体コードは、三井住友信託銀行のものへ修正します。中央三井アセット信託銀行は、債券を発行しておりません。

2)投資法人の合併

ジャパン・ホテル・アンド・リゾート投資法人の債務は、新会社であるジャパン・ホテル・リゾート投資法人に承継されます。存続会社は、旧日本ホテルファンド投資法人であるため、新会社のNRI発行体コードは、旧日本ホテルファンド投資法人と同じものを用います。また、ジャパン・ホテル・アンド・リゾート投資法人の発行している債券のNRI発行体コードは、ジャパン・ホテル・リゾート投資法人のものへ修正します。

3)国際協力銀行(JBIC)の日本政策金融公庫(JFC)からの分離

日本政策金融公庫(JFC)が発行していた債券の一部については、国際協力銀行(JBIC)に承継されます。JBICが承継した債券のNRI発行体コードについては、JBICのものへ修正し、JBICが2008年の民営化以前に発行していた債券と統一して管理します。
※NRI発行体コード:債券の発行体等を識別するためのIDSが付番するコード。原則、証券コード協議会が定める公社債固有名コードに準じて5桁で付番。

3.IDSの対応

1)住友信託銀行・中央三井信託銀行・中央三井アセット信託銀行の合併

三井住友信託銀行

(1)NRI発行体コード
08403
(2)既発債について
旧中央三井信託銀行の既発行の債券データはNRI発行体コードを「08408」から「08403」へ変更します。
(3)新発債について
今後、三井住友信託銀行が発行する債券のNRI発行体コードについては、「08403」で管理します。

2)投資法人の合併

ジャパン・ホテル・リゾート投資法人

(1) NRI発行体コード
08985
(2) 既発債について
旧ジャパン・ホテル・アンド・リゾート投資法人の既発行の債券データは、NRI発行体コードを「08981」から「08985」へ変更します。
(3) 新発債について
今後、ジャパン・ホテル・リート投資法人が発行する債券のNRI発行体コードは「08985」で管理します。

3)国際協力銀行(JBIC)の日本政策金融公庫(JFC)からの分離

国際協力銀行(JBIC)

(1) NRI発行体コード
00916
(2) 既発債について
JFC既発行の債券のうち、JBICに承継された一部銘柄について、NRI発行体コードを「00910」から「00916」へ変更します。
(3) 新発債について
今後、国際協力銀行(JBIC)が発行する債券のNRI発行体コードは、「00916」で管理します。

「NRIインテグレート・データ・サービス」および「IDS」は株式会社野村総合研究所の登録商標です。
・本コンテンツの著作権は株式会社野村総合研究所に帰属します。
・本コンテンツの一部または全部を、いかなる目的であれ、電子的、機械的、光学的、その他のいかなる手段によっても、弊社の書面による同意なしに、無断で複製・改変・転載または翻訳することは法律で禁じられています。
・本コンテンツの内容の信憑性、正確性、完全性、最新性、網羅性、適時性等につき、株式会社野村総合研究所はいかなる保証も行いません。また、本コンテンツの利用に起因する利用者およびその他第三者のいかなる損害についても、株式会社野村総合研究所は一切の責任を負いません。

このページを見た人はこんなページも見ています