1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. ソリューション一覧
  4. IDS
  5. 投資情報レター
  6. 国内株式
  7. 【 国内株式 】配当基準日が決算日と異なる銘柄の取扱い

【 国内株式 】配当基準日が決算日と異なる銘柄の取扱い

2011年05月13日

この度の震災の影響により、一部の企業において決算日と異なる配当基準日が設定されることが発表されました。IDSではこれらの銘柄について、下記のような対応を行ないます。

1.配当基準日の変更について

法務省からの発表(※1)によると、決算日と株主総会開催日の間には明確な期限が存在しない一方で、基準日の株主が行使できる権利は、基準日から3ヶ月以内に行使されるものに限られています。そのため、剰余金の配当等について、事業年度末日から3ヶ月を超える日以降に開催する株主総会で決議を行う場合は、事業年度末日より後の新たな基準日を設定する必要があります。
これを受けて、各取引所からは下記の二点について注意喚起がなされています(※2)。

(1)配当金その他の権利の基準日を事業年度末日から変更することとなった場合、当初の権利付最終日から新たな権利付最終日までの間に当該銘柄を売却した場合は、配当その他の権利が付与されなくなる。
(2)取引所が定める基準値段について、3月29日の配当落日においては、配当予想値を減じた基準値段を設定した。

※1
法務省 http://www.moj.go.jp/hisho/kouhou/saigai0011.html

※2
東証 : http://www.tse.or.jp/news/20/110325_b.html
大証 : http://www.ose.or.jp/news/19685
名証 : http://www.nse.or.jp/j/t_infor_mation/info110325-2.html
福証 : http://www.fse.or.jp/info/detail.php?cnfid=%82U&vyear=%82Q%82O%82P%82P
札証 : http://www.sse.or.jp/topicks/pdf/23.3.25haitoukennriochi.pdf

2011年5月13日現在、事業年度末日より後に新たな基準日を設ける(設けた)ことが判明しているのは、以下の会社です。

コード 会社名 事業年度末日 定時株主総会予定日 変更後基準日 変更後権利落日
8910 サンシティ 12月31日 7月28日 5月31日 5月27日
5216 倉元製作所 12月31日 5月26日 4月14日 4月12日
5964 東洋刃物 3月31日 7月28日 5月15日 5月11日

2.権利・配当情報における提供内容

決算日と異なる配当基準日が設けられた場合、以下の通り「その他配当」として提供致します。

項目 設定内容 提供データ例(5964 東洋刃物の例)
予想 実績(※3)
会社予想版 東洋経済予想版
種別 099:配当 099 099 099
日付1(配当落日) 新たな配当落日(※2) 20110511 20110329(※2) 20110511
日付2(配当権利付最終日) 新たな配当権利付最終日(※2) 20110510 20110328(※2) 20110510
日付3(配当基準日) 新たな配当基準日(※2) 20110515 20110331(※2) 20110515
日付4(株主総会年月日) 新たな株主総会年月日 NA NA 20110728
データ2(本中区分) 5:その他(※2) 5 1(※2) 5
データ3(予実区分) 0:予想
1:実績
0 0 1

※1 会社予想版権利配当をご利用のお客様につきましては、新たな基準日が判明したタイミングで、その他配当の予想データを提供致します。
※2 東洋経済版権利配当の予想データは、当初の配当基準日・本中区分のまま提供します。
※3 変更後の配当基準日における実績データについては、会社予想版・東洋経済版ともに上記の設定内容にて「その他配当」の「実績」データを提供致します。変更前の配当基準日における実績データに対しては、配当値をNAとするデータを提供します。

3.財務における提供内容

決算日と異なる配当基準日が設けられた場合は、本来の配当基準日における配当値はNA値を収録します。
新たに設定された配当基準日の配当値については、当該基準日の属する事業年度のデータの「一株当たり年間配当金(カラム名:DPS)」に加算して収録します。

「NRIインテグレート・データ・サービス」および「IDS」は株式会社野村総合研究所の登録商標です。
・本コンテンツの著作権は株式会社野村総合研究所に帰属します。
・本コンテンツの一部または全部を、いかなる目的であれ、電子的、機械的、光学的、その他のいかなる手段によっても、弊社の書面による同意なしに、無断で複製・改変・転載または翻訳することは法律で禁じられています。
・本コンテンツの内容の信憑性、正確性、完全性、最新性、網羅性、適時性等につき、株式会社野村総合研究所はいかなる保証も行いません。また、本コンテンツの利用に起因する利用者およびその他第三者のいかなる損害についても、株式会社野村総合研究所は一切の責任を負いません。

このページを見た人はこんなページも見ています