1. HOME
  2. ソリューション&サービス
  3. ソリューション一覧
  4. IDS
  5. 投資情報レター
  6. 国内債券
  7. 【 国内債券 】プロ向け債券市場「TOKYO PRO-BON…

【 国内債券 】プロ向け債券市場「TOKYO PRO-BOND Market」創設

2010年12月10日

2010年11月10日、株式会社TOKYO AIM取引所は、プロ向け債券市場「TOKYO PRO-BOND Market」を創設すると発表しました。2010年6月に閣議決定された政府の「新成長戦略」(※1)にも盛り込まれている制度となります。同市場は、債券発行時の開示書類を大幅に簡素化することで、MTNプログラムを利用した場合と同様の機動的かつ柔軟な社債発行を可能とし、発行可能期間の拡大を図るとしています。また、英文開示も可能にすることで、海外企業の日本国内での社債発行を促す狙いがあるようです。
本ニュースでは新市場の概要とIDSの今後の対応についてお知らせ致します。

(※1) 政府の新成長戦略(金融戦略)について

成長戦略実行計画(閣議決定資料)

抜粋:成長戦略実行計画(閣議決定資料)

1.TOKYO PRO-BOND Market 上場制度の主な概要

目的

  • TOKYO PRO-BOND Market は、株式市場であるTOKYO AIM とは異なる市場として、株式会社TOKYO AIM取引所により運営。
  • TOKYO PRO-BOND Market に上場できる有価証券の種類は以下の通り。
    1. 普通社債
    2. 政府関係機関債
    3. 投資法人債
    4. 地方債
    5. 特定社債
    6. 外国または外国の者の発行する証券または証書

上場申請

  • TOKYO PRO-BOND Market への上場は、発行者からの申請により行う。

→ 指定アドバイザー(J-Nomad)の選任は不要。

上場適格性要件

  • 新規上場に係る社債券等を引き受ける主幹事証券会社がTOKYO AIM 取引所の「主幹事証券リスト」に登録されていること。
  • 信用格付業者、またはこれに類するものによる格付けを取得していること。

2.TOKYO PRO-BOND Market 売買制度および清算・決済制度について

<主な内容>

立会時間 9時~11時、および12時30分~15時
売買締結の方法 ザラバ方式のみとし、板寄せは行わない
注文の方法 E-mail等の簡易な方法により行う
売買単位 円貨建て債券は額面1億円とし、外貨建て債券は各社債の金額とする
投資者 利子所得について源泉分離課税の対象とならない適格機関投資家等、および非課税となる非居住者等を対象

3.IDSの対応

IDSからのデータ提供など、対応方針については現時点で未定です。マーケットの動向、市場ニーズを鑑みながら対応可否を検討していきます。

「NRIインテグレート・データ・サービス」および「IDS」は株式会社野村総合研究所の登録商標です。
・本コンテンツの著作権は株式会社野村総合研究所に帰属します。
・本コンテンツの一部または全部を、いかなる目的であれ、電子的、機械的、光学的、その他のいかなる手段によっても、弊社の書面による同意なしに、無断で複製・改変・転載または翻訳することは法律で禁じられています。
・本コンテンツの内容の信憑性、正確性、完全性、最新性、網羅性、適時性等につき、株式会社野村総合研究所はいかなる保証も行いません。また、本コンテンツの利用に起因する利用者およびその他第三者のいかなる損害についても、株式会社野村総合研究所は一切の責任を負いません。

このページを見た人はこんなページも見ています