1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. カテゴリから探す
  5. バンキング
  6. AML/CFTに求められる高度化と効率化の両立

AML/CFTに求められる高度化と効率化の両立

2020年1月号

金融グローバル事業推進部 上級システムアナリスト 高田貴生

金融作業部会(FATF)による第4次対日相互審査を受けてマネー・ローンダリングおよびテロ資金供与対策(AML/CFT)に関する法規制はより高度化・厳罰化が見込まれる。金融機関は法規制に追随すると共に効率化を図る必要がある。欧米事例を踏まえて高度化と効率化の両立案を考察する。

-本文はPDFをご覧ください-

※組織名、職名は掲載当時のものです。

印刷用PDF

Writer’s Profile

高田貴生Atsuo Takada

金融グローバル事業推進部
上級システムアナリスト、公認AMLスペシャリスト
専門:金融犯罪対策

注目ワード : AML/CFT

このページを見た人はこんなページも見ています