1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. カテゴリから探す
  5. アセットマネジメント
  6. 英国における投信の流動性リスク管理をめぐる議論

英国における投信の流動性リスク管理をめぐる議論

2019年10月号

金融イノベーション研究部 契約研究員 國見和史

英国では今年6月、有力株式投信が流動性の問題から解約停止に追い込まれ、オープンエンド型投信の流動性リスク管理規制への関心が高まった。規制監督を担うFCAがファンドの解約停止が投資家保護に果たす意義を強調する一方、金融安定性を監視するBOEはファンドの流動性ミスマッチそのものを警戒しており、両機関で行う共同調査の行方が注目される。

-本文はPDFをご覧ください-

※組織名、職名は掲載当時のものです。

印刷用PDF

Writer’s Profile

國見和史Kazushi Kunimi

金融ITイノベーション事業本部
金融イノベーション研究部契約研究員

この執筆者の他の記事

國見和史の他の記事一覧

このページを見た人はこんなページも見ています