1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. カテゴリから探す
  5. デジタルイノベーション
  6. DX時代に必須のアジャイル開発におけるCIOの役割─プロダク…

DX時代に必須のアジャイル開発におけるCIOの役割─プロダクトオーナーへの理解と支援─

2019年4月号

システムデザインコンサルティング部 主任コンサルタント 家田暁

デジタルトランスフォーメーション(DX)時代のプロジェクトには、ウォーターフォール型よりもアジャイル型の開発手法(アジャイル開発)がフィットする。プロジェクトの成否はアジャイル開発の役割の1つである、プロダクトオーナー(PO)に起因するところが大きく、特にPOの働きが不十分である場合は、CIOによるPOへの支援が必要不可欠である。

-本文はPDFをご覧ください-

※組織名、職名は掲載当時のものです。

印刷用PDF

Writer’s Profile

家田暁Akira Ieda

システムデザインコンサルティング部
主任コンサルタント

注目ワード : デジタルトランスフォーメーション(DX)

このページを見た人はこんなページも見ています