1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. カテゴリから探す
  5. リテールビジネス
  6. NISAの長期・分散投資の普及への貢献度を検証する

NISAの長期・分散投資の普及への貢献度を検証する

2019年4月号

金融イノベーション研究部 上級研究員 金子久

NISAが導入されて5年が経過し、「時限措置」としては折り返しを迎えた。現時点で同制度の効果を検証したところ、若年層や低所得者層への投資の裾野の拡大や、長期・分散投資の意識を広めた可能性は非常に高い。今後、より多角的な分析を行い、実務家を含めた制度のあり方を活発に議論するとともに社会に発信していくことが重要だ。

-本文はPDFをご覧ください-

※組織名、職名は掲載当時のものです。

印刷用PDF

Writer’s Profile

金子久Hisashi Kaneko

金融イノベーション研究部
金融制度イノベーション研究室長
専門:個人金融マーケット調査

この執筆者の他の記事

金子久の他の記事一覧

注目ワード : NISA(日本版ISA)

このページを見た人はこんなページも見ています