1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. カテゴリから探す
  5. リテールビジネス
  6. 貯蓄から国際分散投資へ

貯蓄から国際分散投資へ

2018年11月号

金融イノベーション研究部 上級研究員 金子久

国内外の株式・債券インデックス投信を用いて分散・長期投資を行うことにより、コスト控除後でも高い確度で預貯金を上回る収益を上げることができる。近年ではインデックス投信の信託報酬が低下し、個人が手軽に国際分散投資を行う条件が整いつつある。金融関係者は自信を持って、国際分散投資を促進すべきだ。

-本文はPDFをご覧ください-

※組織名、職名は掲載当時のものです。

印刷用PDF

Writer’s Profile

金子久Hisashi Kaneko

金融イノベーション研究部
上級研究員
専門:個人金融マーケット調査

この執筆者の他の記事

金子久の他の記事一覧

このページを見た人はこんなページも見ています