1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. カテゴリから探す
  5. アセットマネジメント
  6. 運用会社における効果的なコスト・アロケーション

運用会社における効果的なコスト・アロケーション

2018年9月号

金融イノベーション研究部 主任研究員 前山拓哉

2017年度、過去最高収益、高い営業利益率を達成した資産運用会社であるが、今後の見通しをみると、低収益化、サブアドへのフィー増加などの課題がある。成長戦略実現のためには、効果的なコスト・アロケーションが今後の明暗を分けると考えられる。

-本文はPDFをご覧ください-

※組織名、職名は掲載当時のものです。

印刷用PDF

Writer’s Profile

前山拓哉Takuya Maeyama

金融イノベーション研究部
主任研究員
専門:投信評価

この執筆者の他の記事

前山拓哉の他の記事一覧

このページを見た人はこんなページも見ています