1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2018年3月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2018年3月号

アセットマネジメント

目論見書管理業務の効率化が期待できる共通プラットフォーム

資産運用サービス事業部 上席システムコンサルタント 古賀智子

投信業界では更なる効率化への意識が高まっている。1社では改善されにくい課題の一つが目論見書の印刷物に係る業務だ。投信会社と販売会社間での必要部数等のやりとりなど、多対多の情報交換業務に労力がかかっている。改善にむけ、関係会社皆が参加するプラットフォームが望まれる。業態を超えて共に検討する時期にきているのではないか。

リテールビジネス

個人の資産運用への影響力を高める確定拠出年金

金融ITイノベーション事業本部 事業企画室 上級研究員 金子久

確定拠出年金はそれを利用する人の資産運用に対する考え方に影響を与えている。確定拠出年金の利用者と運用残高の着実な拡大が予想されるなか、同制度以外の資産運用サービスにおいても、長期運用の視点が求められるようになるはずだ。

リテールビジネス

金融サービス化するポイントプログラム

ICT・メディア産業コンサルティング部 上級コンサルタント 冨田勝己

近年のポイントプログラムでは、ポイントの利息や運用などの擬似的な金融サービスに加えて、証券口座への振込までもが提供されるようになってきている。顧客満足と自社経済圏強化を両立させる施策として、導入が今後広まっていく可能性が高い。

デジタルイノベーション

米国におけるオンライン・レンダーの動向

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 嶋村武史

優れたUI・UXや革新的な与信モデルを売りに米国においてオンライン・レンダーの融資額が急拡大している。与信モデルについては批判もあるが、外部との提携等を通じて改善する動きが見られる。更に、本業で獲得した情報を転用して融資事業を行う新しいレンダーの動きも注目を集めている。

中国金融市場

中国におけるインターネット金融とFinTechのリスク防止

NRI北京 金融システム研究部長 神宮健

2018年も、中国政府は金融リスク防止を重視している。インターネット金融・FinTech分野の取締りや改善策でも、今年は一定の成果が出ると期待される。また、個人情報保護にも注目が集まり始めた。

数理の窓

宇宙は可逆か不可逆か?

外園康智

文章の執筆やPCの操作時に、手順を間違えて何手か前に戻りたいことがある。処理中や計算中に状態を巻戻すことができるアルゴリズムを可逆アルゴリズムと呼ぶ。例えば、データ圧縮アルゴリズムの中で完全にデータを復元できるものは、可逆と言える。