1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2016年9月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2016年9月号

金融市場

原点回帰を求められる証券アナリスト

未来創発センター 主席研究員 大崎貞和

日本証券業協会が、アナリストの発行体への取材や投資家への情報伝達行為に関するガイドライン案を作成した。中長期的な観点から企業価値を分析するというアナリストの原点への回帰が求められている。

金融市場

イギリスの国民投票が金融市場にもたらしたものとは

未来創発センター戦略企画室 上級エコノミスト 佐々木雅也

イギリスのEUからの離脱という国民投票の結果は、懸念されたほどの混乱を金融市場にもたらすことはなかった。だが、長期的に見れば、世界の金融市場を不安定化させる火種をむしろ大きくしてしまっている。

リスク管理

グローバル金融機関でのデータガバナンス高度化状況~EDMCデータマネジメントサーベイからの示唆~

ホールセールソリューション企画部 上級研究員 小林孝明

バーゼル文書「実効的なリスクデータ集計とリスク報告に関する諸原則」により、メガバンクグループだけでなく、大手保険会社や大手地方金融機関などもデータガバナンスの高度化を求められる。欧米金融機関におけるデータガバナンス高度化のサーベイレポートによれば、「データリネージの解明」が一つのポイントである。

ホールセールビジネス

変局点を迎えつつある米国レバレッジド・ローン市場

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 嶋村武史

再拡大していた米国レバレッジド・ローン市場が近時縮小傾向にある。背景には、年初の金融市場の混乱という循環的な要因に加えて、投資家と金融機関に係る規制環境の変化という構造的な要因も見られる。このような中、同市場を補完する形で、ファンドを活用した資金調達が拡大しつつある。

中国金融市場

加速する中国の不良債権処理

NRI北京 金融システム研究部長 神宮健

中国では経済成長が減速する中、不良債権が増加している。不良債権問題の先延ばしを困難にする規制を導入する一方、資産証券化など様々な方法で不良債権処理を加速しようとしている。

デジタルイノベーションPreview

汎用プロセッサから専用プロセッサへ

デジタルビジネス開発部 グループマネージャー 城田真琴

米グーグルが、ディープラーニングのための専用プロセッサ「TPU」を自社開発していることが明らかになった。金融機関も今後、特定用途に特化した専用プロセッサを開発する可能性がある。

セミナー報告

第2回NRIグローバル規制 カンファレンス2016報告

ホールセールソリューション企画部 丹羽陽子

野村総合研究所(NRI)は2016年6月20日に「第2回NRI グローバル規制カンファレンス2016」を開催した。本カンファレンスは、RegTech(※1)の動向を見据え、複雑・高度化が進むグローバル金融規制に対して、金融機関が抱える業務課題とその解決に向けたケーススタディを共有することを目的に実施。第2回となる今回は、「リスク管理システムの最適化実装に向けて~グローバルでの最新事例ご紹介~」と題し、金融機関への豊富な導入実績を誇るソリューションベンダー各社をお招きして開催した。各講演では、最適なリスクマネジメントソリューションを実現するための論点と、海外で取り組まれている先進事例を解説いただいた。

数理の窓

サイロ化された知性

ホールセールソリューション企画部 主任研究員 片岡佳子

夏休みも終わり、勉学の秋の訪れである。中でも、受験生などは気合いを入れなおす追い込みの時期だろう。受験というと、中学受験でお馴染みの鶴亀算や旅人算などが思い出されるが、こうした解法は、現在の日本の教育が西洋数学に基づいているのに対し、いわゆる「和算」に分類されるため、実は中学以降はほとんど出番がない。