1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2016年8月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2016年8月号

アセットマネジメント

ファクター投資で変わる資産運用

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 浦壁厚郎

資産のリスクとリターンを決める「ファクター」に注目した運用管理が広がっている。個々の投資家が自らに適合するファクターを効率的に組み合わせてポートフォリオを構築する世界が到来する。

ホールセールビジネス

国債T+1決済におけるユーティリティサービスの意義

NRIプロセスイノベーション PSS事業部長 木村栄伸

ここ数年で最も大きな制度変更である国債の決済T+1導入に向けての準備が本格化してきた。ユーティリティサービスを利用したオペレーティングモデルが競争力を維持するためのソリューションとして検討されている。

リテールビジネス

注目高まるロイヤリティマーケティング

ブライアリー・アンド・パートナーズ・ジャパン株式会社 取締役 川津のり

自社のロイヤルカスタマーに対し、ステータスに応じた特典を提供することで囲い込みと売上拡大を実現するロイヤリティプログラムは、デジタル化により昨今急速に進化を遂げている。米国の金融業界でも導入事例が増えつつあり、適切な戦略立案とIT活用、アナリティクスによるCRMの高度化はもはや無視できない重要テーマである。

リテールビジネス

米国ロボ・アドバイザー市場の再編と近未来展望

NRIアメリカ 金融研究室長 吉永高士

米国ロボ・アドバイザー市場では新興企業による新規参入が依然として続く一方で、先行者や後発スタートアップ企業による身売りも相次いでいる。身売り先や、身売り後のポジショニングについてはすでに一定のパターンも確立されつつあるなかで、再編進捗後のロボ・アドバイザー市場の近未来を展望する。

クオンツ

低コスト技術探索やオープンソース活用の進むクォンツ業務

ホールセールソリューション企画部 上席研究員 奥井謙一

金融危機以降、クォンツ業務において低コスト技術やオープンソースの活用が拡がりつつある。市場の成熟化や、リスク管理規制の強化に伴い、クォンツに期待される役割が、新商品開発から効率的なリスク管理対応へと変化しているためである。

デジタルイノベーションPreview

モバイルペイメントの実現方式をめぐる動向

デジタルビジネス開発部 上級研究員 藤吉栄二

モバイルペイメントの実現方式として、国際標準のNFCがあるが、最近はスマートフォンのアプリケーションを利用するスマホアプリ型が登場している。ICカード取引を普及させたいクレジット業界やクレジット決済手数料を抑えたい小売の思惑もあり、モバイルNFC型かスマホアプリ型かといった実現方式の決着は当面先になりそうだ。

数理の窓

日本から1時間以内でブラジルに行く方法

投資情報サービス事業部 主任コンサルタント 金島一平

いよいよリオデジャネイロ五輪が開幕する。日本人選手の活躍を一目見ようと、現地を訪問予定の読者もいらっしゃるだろう。しかし、日本からみてブラジルは地球のほぼ真裏。飛行機を乗り継いで行っても丸一日以上かかる。「今回ばかりはテレビで我慢」という方も多いのではないだろうか。