1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2016年7月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2016年7月号

金融市場

フェア・ディスクロージャー規制の導入に向けて

未来創発センター 主席研究員 大崎貞和

金融審議会ワーキング・グループの提言に基づき、フェア・ディスクロージャー規制の導入が検討される。規制の精神は当然のものだが、制度化にあたっては、企業を萎縮させないための配慮が求められる。

金融機関経営

RegTechによる新たな規制への効率的対応
~グローバルなKnow Your Customerの統合化~

ホールセールソリューション企画部 上級研究員 小林孝明

諸外国の先進的な金融機関では、金融業を取り巻くグローバルな規制強化の嵐の中で、業務負荷の増加を抑え、コストを削減し、顧客満足度を向上させようと、RegTechを活用したさまざまな改善策が試みられている。グローバルなKYCの統合化もその一例である。

リテールビジネス

FinTechサービスのユーザー利用実態と顧客満足度

金融コンサルティング部 主任コンサルタント 伊部和晃

BtoC領域のFinTechサービスを対象に、実際のサービス利用者における顧客満足度や金融行動の変化に着目したアンケートを行った。サービスが顧客に選ばれ勝ち残るためには、「消費者自身の金融行動に対する意識・姿勢に変化を起こせているかどうか」という視点が重要である。

バンキング

銀行におけるファンド投資の課題と解決に向けて

資産運用サービス事業三部 上級システムコンサルタント 馬場崇充

銀行のファンド投資はますます増えており、効率的な管理態勢の整備や業務の見直しが急務である。その中で、この課題に取り組む銀行がいくつか出てきている。ファンド投資の規模や内部の態勢に応じ、段階を踏んでファンド管理の高度化を進めることが必要である。

金融インフラ

仮想通貨に対する改正資金決済法等の動向と課題

金融IT グローバル推進部 上級コンサルタント 岡野靖丈

仮想通貨のビジネスの領域でイノベーションが起こっており、政府はそれらを促進していく一方で、顧客保護やマネーロンダリングなどへの対応も迫られている。そうした中で改正資金決済法が成立したが、決済業務等に係る金融規制には課題も残っている。

デジタルイノベーションPreview

カスタマー・エクスペリエンス3.0

デジタルビジネス開発部 シニアITアナリスト 田中達雄

商品やサービスそのものの価値だけで、消費者をつなぎとめることが難しくなっている。ITの進化に伴い、顧客接点が複雑化する中で、積極的な「カスタマー・エクスペリエンス」への取り組みが重要である。いまや、より俯瞰的、プロアクティブなカスタマー・エクスペリエンス3.0時代に入りつつある。

海外トピックス

海外トピックス

金融ITナビゲーション推進部 國見和史

・英規制当局、「アドバイス・ギャップ」の解消を目指す政策パッケージを公表
・ミレニアル世代をターゲットとした「マイクロ投資」アプリ

セミナー報告

第1回NRIグローバル規制カンファレンス2016報告

ホールセールソリューション企画部 上級システムコンサルタント 丹羽陽子

野村総合研究所(NRI)は2016年3月10日に「第1回NRIグローバル規制カンファレンス2016」を開催した。本カンファレンスは、RegTechの動向を見据え、複雑・高度化が進むグローバル金融規制に対して、金融機関が抱える業務課題とその解決に向けたケーススタディを共有することを目的としている。

数理の窓

ビザンチン将軍の裏切り

ホールセールソリューション企画部 上級研究員 外園康智

帝国軍VS同盟軍9か国で戦争状態にある。同盟軍は岐路にあり「攻撃」か「撤退」かで揺れている。ただ各国ではどちらの方針か決めている。残念なことに同盟軍には裏切り者の国があり、どの国か、いくつあるかも分からない。全同盟国が一堂に会さず、2国間の情報交換のみで、裏切り国以外の同盟国全体で正しく方針を伝達しあうことはできるか?