1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2016年1月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2016年1月号

金融市場

ディスクロージャー制度見直しの論点

未来創発センター 主席研究員 大崎貞和

金融商品取引法、会社法、取引所規則に分かれて盛り込まれているディスクロージャー制度の整理に向けた検討が動き出した。各制度の目的や見直しの影響を見極めつつ、企業の負担軽減と投資者保護の確保を両立させることが求められている。

金融市場

量的・質的金融緩和の持続可能性

金融ITイノベーション研究部 主任研究員 竹端克利

日銀による量的・質的金融緩和が3年目を迎える中で、「いつまで国債を買い続けられるのか」という持続可能性の問題が意識され始めた。今後、日銀が政策に関する説明を行う際は、「効果があること」に加え「持続可能であること」も説得的に示す必要があり、コミュニケーションの面でも難しい舵取りが求められる。

リテールビジネス

求められるキャッシュマネジメントの高度化

証券ソリューション事業九部 グループマネージャ 荒巻奈留美

金融機関のキャッシュマネジメント業務ではシステム化の対応が遅れている場合が多い。自社の資金管理のほか、仕組み債など金融商品のキャッシュフロー管理や規制対応のためにも、管理の高度化が求められている。

ホールセールビジネス

店頭デリバティブ清算機関の複数並立による影響

NRIアメリカ リサーチアナリスト 鈴木枝理子

清算機関の複数並立は米国において金利スワップの取引価格に影響を及ぼした。今後清算集中が導入される欧州でも同様の可能性があり、清算機関の選択においてはトータル・コストの十分な把握、評価が求められよう。

中国金融市場

アリババのインターネット金融業務

NRI北京 金融システム研究部 研究員

2016年、中国のインターネット金融は、規制が整う中でさらなる発展が期待される。業務の範囲・規模においてトップを走るアリババを例にインターネット金融の現状を見てみよう。

デジタルイノベーションPreview

お客さまと共に取り組む価値創造

デジタルビジネス推進部 上級テクニカルエンジニア 幸田敏宏

事業環境が激しく変化する時代に企業が競争力を持ち続けるためには、既存事業だけでなく革新的な新規事業にも取り組む必要がある。スピード感を持った検討のためには企業の枠を超えたオープンイノベーション・共創の取り組みが重要である。

海外トピックス

海外トピックス

・受託者責任の対象拡大に意欲を見せる米労働省
・決済サービスの多様化を規制が後押しするEU
・米SEC、投資信託の流動性管理を強化する規制案を提案

数理の窓

(いまの)人工知能の限界とは?

山形浩生

最近、人工知能についての期待や懸念があちこちで表明されている。いずれコンピュータの処理能力が人間を上回るようになり、もはや人間が不要になるのではという説だ。