1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2015年12月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2015年12月号

金融市場

表面化し始める米国の金融政策正常化への痛み

未来創発センター戦略企画室 上級エコノミスト 佐々木雅也

昨年後半からのドル高や今夏の世界的な株式市場の混乱は、米国の量的緩和によるポートフォリオ・リバランス効果の副作用が金融市場で表面化したものだと考えられる。

バンキング

銀行におけるファンド投資の課題とリスク管理の高度化に向けて

資産運用サービス事業三部 上級システムエンジニア 馬場崇充

銀行のファンド投資においては直接投資と比べリスク管理レベルが低く、データ品質、データ管理方法などにも課題があり、業務負荷が大きくなっている。銀行はファンド投資を効率的に管理するためにシステムインフラを整備していくことが必要である。

保険ビジネス

保険業界におけるデジタルマーケティング

保険ソリューション事業本部事業企画室 上級コンサルタント 山崎道雄

保険販売における申込み・契約プロセスのデジタル化が展開されているが、インターネットによる直販の市場シェアはいまだ低い。情報洪水時代における若年層を中心とした消費者の行動は変化しており、保険会社は顧客接点とロイヤリティの創造のために、デジタル情報の活用を求められている。

金融インフラ

金融機関のイノベーション推進の現状と課題

リテールソリューション企画部 上席コンサルタント 五十嵐文雄

多くの金融機関がここ、1、2年でイノベーション推進を行う部署の設置を行ったが、その活動に対する満足度はそれほど高くない。金融機関のイノベーションを推進するにあたり、どこに課題があり、今後何を行う必要があるのだろう。

中国金融市場

中国株式市場乱高下の元凶

NRI北京 金融システム事業部 上級研究員 孫錫寧

中国株式市場の乱高下では、証券当局の金融イノベーションに対する規制が未熟であり、政策で市場をコントロールしてきた管理手法が逆に市場を制御不能に陥らせてしまったことが大きな要因といえよう。

セミナー報告

“MONEY × IoT”をテーマにハッカソン開催

ITアーキテクチャーコンサルティング部 上野哲志

2015年10月6日~7日、野村総合研究所(NRI)は、幕張メッセで開催されたアジア最大級のIT、エレクトロニクス、家電の総合展示会CEATEC JAPAN 2015において「NRIハッカソン@CEATEC JAPAN 2015 ~Money × IoT ~ Hack for Money ¦ IoTの力で、お金とのつき合い方を変えてみよう!」を開催した。

数理の窓

量子コンピュータの憂鬱

柏木亮二

最近、量子コンピュータの実用化も近いのではないかと思わされるニュースがあった。今年8月、商用量子コンピュータを開発しているカナダD-Wave Systems社は、1000個を超える「量子ビット」を搭載する量子コンピュータの出荷を開始したと発表した。この新モデルでは「組み合わせ最適化問題」を現行の「古典的コンピュータ(いわゆる0と1のビットで計算するコンピュータ)」よりも「最大で600倍高速」に解けると主張している。夢の技術の実用化は意外と早く訪れるかもしれない。