1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2015年1月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2015年1月号

金融市場

市場インフラの監督強化を図る米国SEC

未来創発センター 主席研究員 大崎貞和

米国SECは、市場のインフラストラクチャーとなる取引所、自主規制機関、ATS、清算機関等に対してシステムの脆弱性対策の徹底を求める新たな規則レギュレーションSCIを制定した。その内容は、日本への示唆にも富む。

金融市場

「第一の矢」が機関投資家に届くまで

金融ITイノベーション研究部 主任研究員 竹端克利

一般に、金融政策は財政政策や成長戦略と比べて即効性が高いと言われるが、現実には効果が表れるまでには相応の「ラグ」がある。政策効果を考える際は、この事実を踏まえた冷静な議論が求められる。

リスク管理

リスク・ガバナンスとリスク・アペタイト・フレームワーク

金融IT ナビゲーション推進部 上級研究員 川橋仁美

バーゼル銀行監督委員会は、2014年10月に「銀行のためのコーポレート・ガバナンスの諸原則」市中協議文書を公表した。その内容は、本邦金融機関にとって負担の大きなものとなっている。改定の根底にある考えを理解することが、実効性のあるリスク・ガバナンス体制を構築する近道となる。

金融インフラ

新規制で変わる欧州のCSDとカストディ

金融IT イノベーション研究部 上級研究員 片山謙

欧州では、店頭デリバティブ規制や証券集中保管機関(CSD)規制を受けてCSDが新設されるなど、カストディ業界が変わりはじめており、投資家や金融機関はカストディ銀行の動静をより注視すべき時代に入りつつある。

中国金融市場

金融の正規化を進める中国金融当局

NRI北京 金融システム研究部長 神宮健

過去数年間、市場主導で進んできた金利自由化や資産証券化が、今後は、規制緩和や規制の整備を通して徐々に正規化され、中国金融全体に広がることが期待される。

海外トピックス

海外トピックス

・ウェルズ・ファーゴ、金融ITスタートアップ企業に対する支援プログラムを開始
・新議会で注目される米銀のSIFI認定基準の行方
・米会計検査院がノンバンクのSIFI認定プロセス改善を勧告する報告書を発表
・米銀行監督当局、流動性カバレッジ比率に関する最終規制案を承認

数理の窓

タイムパラドックスで過去を“変える”

外園康智

タイムマシンで過去に戻り、自分が生まれる前の親を殺してしまうと、パラドックスが起こる。SFの世界では、この解決のため、大きく分けて4つの展開がある。