1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2014年9月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2014年9月号

リスク管理

外部委託先に求めるシステムリスク管理と保証報告書の活用

ERM事業企画部 主任コンサルタント 青木千恵子

金融機関にとって、外部委託管理は重要な経営管理の一つと言っても過言ではない。金融機関が要求するシステムリスク管理を実行可能な委託先か判断する材料として、独立第三者が発行する保証報告書を活用するのも一つの手だ。

アセットマネジメント

新しい運用管理の枠組み:リファレンス・ポートフォリオ

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 浦壁厚郎

リファレンス(参照)・ポートフォリオを介して、より権限委譲を進めた運用管理を行う機関投資家が海外で増えている。市場性の低いオルタナティブ投資を含め、機関投資家の専門能力を柔軟に活用するための方法として注目される。

リテールビジネス

カードローン有望エリアと銀行支店網のギャップ

IT事業推進部 上級コンサルタント 武井博一

アンケート調査結果は、カードローンが銀行にとって魅力的な商品であることを示している。しかし、銀行の支店網はカードローン有望エリアを攻めるには最適な配置とは言えず、今後は、エリア戦略が必要となるであろう。

金融インフラ

欧州における証券決済期間のT+2化

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 片山謙

欧州は、株を含めた証券の決済期間T+2化を2014年10月に予定する。一時的なフェイル増加や米国等と決済期間が異なることに伴う影響はあるが、今後のグローバルなT+2化検討の重要な先行事例となろう。

中国金融市場

拡大する中国P2Pのリスクとチャンス

NRI北京 金融システム研究部長 神宮健

中国のインターネット金融ではP2Pが増えている。イノベーションを活かしつつ、リスクをうまく抑制できれば、長年の課題であった中小企業の資金調達難の解決に一役買うことが期待できる。

数理の窓

見えない次元を解き明かす

片岡佳子

薄い紙を想像してみてほしい。その紙を見るとき、我々は2次元的な広がりしか認識しない。非常に薄く机に貼りついているため、その厚みが目に入らないのだ。しかし、厚みによってその紙は透けて見えたり、白っぽく見えたりする。紙表面の成り立ちを理解しようとするとき、厚みは無視できない重要な要素だ。我々の世界には、紙の厚みに相当するような、「認識はできないが世界を理解しようとするとき無視できない」ある次元が存在すると考えられている。