1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2014年3月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2014年3月号

金融市場

投資型クラウドファンディングの意義と課題

未来創発センター 主席研究員 大崎貞和

昨年末に公表された金融審議会WG報告で、株式形態での投資型クラウドファンディングの解禁が提言された。実はインターネット経由の株式発行は1990年代半ばにもみられた。制度が活用されるかどうかが注目されるが、詐欺的な行為に悪用される懸念も否定できない。

リスク管理

BCPの実効性確保に向けて

ERM事業企画部 副主任コンサルタント 太田賢吾

東日本大震災から3年が経ち、BCPの論点はその構築から実効性確保に移りつつある。社員の成熟度向上や、BCP発動時に予想される事務リスクへの対応など、平時における取り組みを継続することが大切である。

リスク管理

大規模プロジェクトにおける第三者評価PMOの重要性

ERM事業企画部 主任コンサルタント 田島悠史

大規模システム開発プロジェクトにおいては、プロジェクト内でのリスクマネジメントとは別に、経営層によるリスクマネジメントが不可欠である。第三者評価PMO(プロジェクトマネジメントオフィス)は、経営層と開発現場とをつなぎ、経営層にプロジェクトの可視化等を通じた強固なリスクマネジメントを実現させるのに有効な手段となる。

金融インフラ

金融市場インフラとして存在感を高めるロンドン証券取引所

資産運用ソリューション企画部 主任コンサルタント 池田雅史

大手取引所が伸び悩む中、ロンドン証券取引所の業績は堅調に推移している。同社の業容拡大は、従来型の株式取引所から金融市場インフラへという、事業モデルの再定義の結果とも言える。

中国金融市場

急速に伸びる中国のインターネット金融

NRI北京 金融システム研究部長 神宮健

中国ではインターネット金融がホットな話題である。特に、昨年のアリババによる「余額宝」導入は金融革新の点からも画期的であった。一方、投資家保護の新たな規制も必要とされる。

数理の窓

『互いを定義しあう美しさ』=『双対』

外園康智

幾何の問題を図なしで理解するのは難しいが、“言葉”だけで不思議な現象の説明を試みよう。