1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2013年11月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2013年11月号

金融市場

構造変化が進む米国の株式市場

未来創発センター主席研究員 大崎貞和

米国の電子取引所運営会社であるBATSグローバル・マーケッツとダイレクトエッジが合併する。2005年以降、米国株式市場の構造は急速に変化し、新興勢力の台頭が著しいが、今後の展開は予断を許さない。

リスク管理

市中協議文書にみる実効的なリスク・アペタイト・フレームワークの原則

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 川橋仁美

金融安定化理事会は、2013年7月17日に「実効的なリスク・アペタイト・フレームワーク(RAF)の諸原則」市中協議文書を公表した。折しも我が国では、9月初旬に金融検査の見直しが行われ、大手行についてはRAFがモニタリング項目の一つになった。監督当局と金融機関の間でRAFに関する対話が促進され、金融機関の健全な成長を後押しする実効的なRAFに関する共通認識が形成されることを期待したい。

リテールビジネス

迅速な地震保険金支払い実現のための仕組み

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 野崎洋之

迅速な地震保険金の支払いには、少しでも早く効率的に被災者宅を訪問する必要があり、その実現には、保険の対象の所在地の管理方法の変更と、損害査定活動の戦略・意思決定を支援する仕組みの構築が重要である。

バンキング

金融検査スタイルの英米型への変革に向けた挑戦

ERM事業企画部 上級研究員 小林孝明

2013年9月に金融庁より公表された、新しい『金融モニタリング基本方針』では、金融の次世代に向けた検査・監督のあり方が示唆されている。オフサイトやベスト・プラクティスを重視した検査スタイルや、金融機関同士の水平的レビューという英米型の検査・監督手法への傾倒が見られる。

中国金融市場

中国版シャドーバンキングへの対策

NRI北京 金融システム研究部長 神宮健

中国版のシャドーバンキングは、市場が主導する金融革新という性格を持つ。当局はシャドーバンキングの潜在的リスクに対して手を打つ一方、本格的な金融自由化に向けた整備も迫られている。

数理の窓

絵画と企業のスリーパーを探して

堀江貞之

「スリーパー」という言葉をご存知だろうか。美術の世界では、本当は価値が高い絵画にもかかわらず、正しくその価値が評価されず、安い値段で売買されるものを指す。美術界のシャーロック・ホームズと言われるフィリップ・モウルドはこれまで様々な分析手法を使って、そのようなスリーパーに正しい価値を見出した名人の一人である。彼が見出したスリーパーは数多いが、イギリスのエリザベス1世の父であるヘンリー8世の兄、アーサー王子の肖像画を巡る物語はTVでも紹介され有名である。