1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2013年7月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2013年7月号

金融市場

ライツ・オファリングは定着するか

未来創発センター 主席研究員 大崎貞和

近年、株主に新株予約権を無償で割り当てる増資手法であるライツ・オファリングが注目されている。初のコミットメント型も実施されたが、安定的な資金調達方法としての定着に向けては、届出前勧誘規制の見直しや期間短縮といった課題もある。

アセットマネジメント

金のインフレヘッジ効果と金利上昇期における債券運用

金融ITイノベーション研究部 上席研究員 堀江貞之

金(きん)はインフレヘッジ効果があると言われているが本当に効果があるのか。また日本は今後、金利上昇期に入ると言われているが、その際に債券運用に大きなリスクがあるのだろうか。2013年5月に開催された米国Qグループ会議での発表ではそれらの常識を疑う必要があることが示された。

アセットマネジメント

新しい住宅価格指数―その特徴と課題―

金融ITイノベーション研究部 主任研究員 竹端克利

昨年8月から国交省が公表を開始した住宅価格指数は、類似の統計ではわからなかった点を把握できるという意味で「新しい」。しかし、現時点では多くの主体が積極的に利用している状況までは至っていない。今後は、利用者と配信者の密なコミュニケーションを促す努力が求められる。

リテールビジネス

米国金融機関にみる女性マーケットへのアプローチ

リテールビジネス企画部 副主任コンサルタント 西森美貴

米国では、女性の就業率の上昇や保有金融資産の規模拡大などを背景に、金融機関による女性マーケットへの取り組みが日本に先駆けて行われてきた。女性マーケット獲得のカギは「男女のお金に対する考え方の違い」や「女性特有のシチュエーション」を理解することである。

中国金融市場

リスクコントロール重視に転じた今年の証券業界の創新大会

NRI北京 金融システム研究部長 神宮健

今年の証券業界の創新大会は、規制緩和に大きく舵を切った昨年とは異なり、リスクコントロール重視が前面に出た。これまでに発表された規制緩和策を着実に実行する局面に入ったともいえる。

セキュリティトレンド

セキュリティの最初の防衛線

NRIセキュアテクノロジーズ
テクニカルコンサルティング部
主任セキュリティコンサルタント 西田助宏

相次ぐ不正アクセス、止まないサイバー攻撃、猛威をふるう標的型攻撃。ITセキュリティ対策は、今や企業の重要な施策の一つであるといえる。しかし、システム的な対策だけでは、完全に脅威を防ぐことは難しい。セキュリティの脅威における最初の防衛線は、「従業員(人)」という一番身近なところに存在している。

NRIニュース

NRIニュース

ニュース1:I-STARユーザー会開催
ニュース2:金融庁の次世代EDINETの総合運転試験に、ReportAssist/EDINETが参加
ニュース3:単行本『異次元緩和』発行

数理の窓

メタフィクションを超える

外園康智

 「とりあえず私はこの物語の主人公である。この物語の作者は、今月の話を語ることで、私が何者なのか明らかにしようとしている。。」