1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2013年5月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2013年5月号

金融市場

「平時」に戻る空売り規制

未来創発センター 主席研究員 大崎貞和

金融庁は、2008年の金融危機時に導入された空売り規制をめぐる緊急措置を打ち切るとともに、「平時」における空売り規制を見直す方針を打ち出した。見直しの時期や内容は妥当なものであり、市場の流動性と価格形成機能の向上につながることが期待される。

アセットマネジメント

株式指数とアクティブ運用の進化

金融ITイノベーション研究部 主任研究員 浦壁厚郎

アクティブ運用者は、株式指数の存在とその進化に促され、「アクティブ・シェア」を用いてベンチマークとの保有内容の差異を示すようになっている。

ホールセールビジネス

中国におけるクレジット投資機会とそのリスク

金融ITイノベーション研究部 主任研究員 嶋村武史

資金供給が十分に行われていない中国の中小企業向けに貸出しを行うことで相対的に高いリターンを獲得しようとするファンドの動きが出ている。潜在的な収益性は魅力的だが、実務的な問題にどう対処するのかが課題となる。

IT&オペレーション

スパゲティ化したシステムを解きほぐす-BPOを活用した業務の再設計-

ERM事業企画部 副主任コンサルタント 竹田正

業務の自動化が進展する中で、システムの過度な密結合が進み、新たな弊害が生じている。この弊害解決のため、企業にはユーザーとシステムの2つの視点を持ち、業務を再設計する力が求められる。業務の詳細を熟知し、システムコンサルティング力を持つBPO事業会社の力を活用することも今後の選択肢の1つとして考えられる。

中国金融市場

「創新大会」1年後の中国証券業界

NRI北京 金融システム研究部長 神宮健

証券業務の規制緩和を打ち出した「証券会社創新(革新)発展大会」からほぼ1年が経つ。この間、多くの規制緩和措置が発表された。今後は、証券会社が規制緩和に如何に対応するかが注目点となる。

Case Study

NRIニュース

NRIニュース

ニュース1:インドネシア中央銀行が野村総合研究所を訪問
ニュース2:次世代EDINET適用に向けたNRIの対応
ニュース3:TSAM Europeに出展

数理の窓

あなたの思いに従う確率

朱 映奇

ここに二組のくじがある。それぞれでA、Bのどちらかを選べる。あなたはどちらを選ぶだろうか?