1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2012年10月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2012年10月号

リスク管理

リスク・アペタイト・フレームワークの本質

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 川橋仁美

リスク・アペタイト・フレームワークの本質は、長期的な財務の健全性を維持しつつ、短期的な収益目標の達成を実現することにあり、それは、最終的には長期的な収益の安定化と企業価値の向上を目指している。こうしたリスク・アペタイト・フレームワークの本質的な価値を理解した上で、その導入に取り組んで欲しい。

リテールビジネス

日本版ISAは金融機関にとって魅力的か

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 金子久

金融庁は来年度税制改正要望の中で、2014年1月に導入される日本版ISAの制度設計を見直そうとしている。要望にそって見直された場合、日本版ISAの市場規模は格段に大きくなるうえ、金融機関が安定してサービスを提供できる環境が整えられることになる。

ホールセールビジネス

最良執行方針は顧客にとって最良か?

グローバルソリューション事業部 上席コンサルタント 角田充弘

5%ルール改正に伴いPTSの利用拡大が見込まれるが、取引所のみを利用することが最良執行であるとしている証券会社は少なくない。市場の変化や顧客のニーズ、システムの成熟度に応じた執行方針の見直しが必要である。

バンキング

住宅ローンビジネスは本当に儲かっているのか

投資情報サービス事業部 主任研究員

住宅ローンの顧客獲得競争が激化する中、金利の低下とともに住宅ローンビジネスの収益は圧迫されている。今後はより適切なポジションの把握と、初期与信からリスク管理まで一体化した収益性の管理が求められる。

中国金融市場

加速する中国証券業界の規制緩和

NRI北京 金融システム研究部長 神宮健

証券分野の改革が加速している。今年5月の「証券会社創新発展大会」において、当局は規制緩和によって証券会社の業務を多様化する方向を打ち出した。足元では個々の措置も発表されつつある。

セミナー報告

NRIレポーティングセミナー報告

金融ITイノベーション研究部 福井豊

野村総合研究所(NRI)は、2012年7月24日、25日、8月9日の3回にわたって、「レポーティングセミナー―次世代EDINETへの取り組みとT-STARの対応―」と題するセミナーを開催した。

数理の窓

「好意」を事実から導けるか

外園康智

「Bさんはケーキを上手に作ることができる」
「A君はケーキを食べると喜ぶ」
「よって、BさんはA君にケーキを作ってあげるべきだ」
この単純な三段論法のおかしいところは、どこだろうか?