1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2011年9月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2011年9月号

金融市場

利用が拡大する日本株の代替執行市場

未来創発センター 主席研究員 大崎貞和

日本株式市場におけるPTSの取引シェアは3.7%に達した(2011年6月)。これにダークプールでの取引を含むToSTNeT単一銘柄取引を加えれば8.5%となる。日本でも代替執行市場の存在感が高まっている。

ホールセールビジネス

アジアにおける外国人機関投資家に対する証券会社バックオフィス・システムの現状

金融ITイノベーション研究部 上席コンサルタント 南博通

アジアでは外国人機関投資家からの注文は、香港・シンガポールをハブにして各市場へ発注されてきたが、アジア全体で売買高が拡大するとともに、ハブ拠点以外の市場でも本格的なシステムが導入される例が増えている。

バンキング

銀行における国際財務報告基準(IFRS)対応について

銀行ソリューション事業二部 上級システムコンサルタント 野口明

6月末、金融庁は企業会計審議会においてIFRSを強制適用すべきかどうかの導入判断に関して、これまでの方向性を見直した。金融資産/負債の保有割合が大きい銀行にとって、IFRS対応はシステム/業務対応負荷が大きいといわれている。変動要素の多い中、今後の対応は、先送りすべきことと準備すべきことを見極めて、効率よく対応することが求められる。

金融インフラ

実施段階で顕在化した清算集中の課題

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 片山謙

店頭デリバティブ取引の清算集中を図る規制は実施段階において、国境を越える取引の扱いやバイサイドの間接参加に伴う課題などが顕在化している。日本においても外国との取引など、受けうる影響の検討が求められよう。

中国金融市場

中国における銀行の保険窓販の動向

NRI北京 金融システム研究部長 神宮健

中国における銀行の保険窓販は不適切販売や販売ルート確保のための賄賂といった問題を抱えてきた。最近では消費者の利益保護のための規則が発表される一方、保険の販売ルートをさらに拡大する動きもある。

NRIニュース

数理の窓