1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2011年1月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2011年1月号

金融市場

日米欧の金融政策の回顧と展望

金融ITイノベーション研究部 主席研究員 井上哲也

2010年の日米欧の中央銀行は、金融緩和や金融システム安定に追われた。背景は、米国の住宅問題や欧州周辺国の財政問題等、金融危機の残像であるが、政策手段には平時の特徴も見られる。日米欧が揃って実施する国債買入れが財政規律への懸念に繋がる事態を防ぐことが2011年の課題となる。

金融市場

アジアの取引所再編は進むか?

未来創発センター 主席研究員 大崎貞和

アジア地域を代表する取引所としての地位固めを狙うSGXとASXが経営統合に合意した。世界的な取引所の再編の「かやの外」に置かれてきたアジアにも変化の兆しが現れたが、心理的な抵抗も依然として根強い。

バンキング

欧州リテール銀行に見る個人向けセルフチャネルを支えるハイタッチサービス

金融システム事業推進部 上級システムコンサルタント 内山浩一

顧客の「セルフサービス化」が進む中、欧州リテール銀行では、顧客への使いやすさを高めるために、セルフチャネルでは対応できない部分は、きめ細かな有人サービスを織り交ぜつつ全体のサービス品質を高める取り組みを行っている。

IT&オペレーション

有価証券報告書の情報流通の鍵となるXBRLの信頼性向上

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 中垣内正宏

XBRLは有価証券報告書等に掲載される多くの情報を迅速に普及させ、多様化する企業の経営を様々な角度から分析する手段として期待される。XBRLが有効に機能するには、正確性向上に向けた取り組みが重要となる。

金融市場

中国における証券業界再編の状況

NRI北京金融システム研究部 上席研究員 神宮健

中国の証券業界の勢力図は今後数年間で大きく変わると予想される。国際競争力のある証券会社が核となる業界再編が一段落するまでは、対外開放も本格的には進まないため、今後の業界再編の動きを良く見ておく必要がある。

数理の窓