1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. カテゴリから探す
  5. アセットマネジメント
  6. 投資信託の販路として依然重要な銀行チャネル

投資信託の販路として依然重要な銀行チャネル

2009年11月号

金融市場研究部 上級研究員 金子久

投信販売において証券会社と銀行の勢いの差が顕著になり、投信会社では銀行チャネルを相対的に軽視する向きがある。しかし、残高シェアでみれば、銀行は依然過半を占め、投信会社にとっては依然重要な販路である。投信会社は銀行を軽視すべきでなく、一貫性のある販売支援を提供し続けることが重要だ。

-本文はPDFをご覧ください-

※組織名、職名は掲載当時のものです。

印刷用PDF

Writer’s Profile

金子久Hisashi Kaneko

金融イノベーション研究部
金融制度イノベーション研究室長
専門:個人金融マーケット調査

この執筆者の他の記事

金子久の他の記事一覧

注目ワード : 投資信託

投資信託に関する記事一覧

注目ワード : 投信窓販

投信窓販に関する記事一覧

このページを見た人はこんなページも見ています