1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. カテゴリから探す
  5. 数理の窓
  6. 努力と閃きの要因分解

努力と閃きの要因分解

2009年7月号

浦壁厚郎

「天賦の才とは1%の閃ひらめきと99%の努力である」とは、発明家にして事業家だったエジソン(Thomas Edison, 1847-1931年)が遺した言葉だ。今日では普通、「成果の殆どは努力で決まる」「才能の欠如は努力でいくらでもカバーできる」くらいの意味に解釈されて、努力することの重要性を強調する文脈でよく引用される。

-本文はPDFをご覧ください-

※組織名、職名は掲載当時のものです。

印刷用PDF

Writer’s Profile

浦壁厚郎

浦壁厚郎Atsuo Urakabe

この執筆者の他の記事

浦壁厚郎の他の記事一覧

このページを見た人はこんなページも見ています