1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2009年6月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2009年6月号

金融機関経営

ウエルズ・ファーゴのビジネスモデル変革~その強さの秘密

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 川橋仁美

米銀の2009年第一四半期決算は、足下の経済状況に不透明感が残るものの、予想を超える業績回復を示すものとなった。本稿では、過去最高益をあげたウェルズ・ファーゴ(Wells Fargo)のビジネスモデル変革とその背景にある経営の考え方を紹介する。

アセットマネジメント

ヘッジファンドの信頼回復に必要な施策は何か

金融市場研究室 上席研究員

ヘッジファンドは、今回の金融危機により投資家からの信頼を大きく失ったように思われる。ヘッジファンドが限られた富裕層に限定した小規模なファンドに戻るのか、年金ファンドも含めた機関投資家の幅広い資金の受け皿となることができるのかは、今後のヘッジファンド自身の改革によって決まると考えられる。

ホールセールビジネス

今後の拡大が期待される日本の代替執行市場

金融先端ビジネス企画部 主任コンサルタント 加藤大輝

日本の運用会社による代替執行市場利用はまだ初期段階であるが、今後の利用拡大を望む声が大きい。一方で課題があるため利用を躊躇する会社もあるが、こうした課題は工夫次第で解決可能であり、利用に向けた環境が整いつつある。

IT&オペレーション

金融危機により注目されるコーポレート・アクション処理の自動化

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 中垣内正宏

従来、運用会社において、コーポレート・アクション処理の自動化は、バックオフィスの業務効率化、コスト削減が目的であった。しかし、金融危機により、リスク低減が強く意識される中で、フロント、ミドルオフィスでの活用まで見据えた取り組みとなりつつある。

海外トピック

米国金融機関で普及が進むゴール追求型ファイナンシャルプラン

NRIアメリカ 上級研究員 吉永高士

米国金融機関のマス富裕層向けチャネルでは顧客の人生の目標を包括的にカバーし、貯蓄・運用面でのその目標達成への進捗経過を継続把握するゴール追求型ファイナンシャルプランの普及が進んでいる。このプランを利用する顧客は将来に自信を持ち、相場に翻弄されにくい投資家行動を取る傾向が高いという相関関係も観察されている。

数理の窓

金融工学はオーロラの神秘に近づけるか

オーロラは大自然の現象の中で最も神秘的で美しいものの一つであり、古来より人々を魅了し、時に畏怖の対象となってきた。多くの人がイメージするのは夜空にたなびくカーテンのようなオーロラだろう。しかし、その他にも渦巻き状のもの、スポットライトのように点滅するもの、空全体がぼやっと明るいだけのものなど、その形状は実に様々である。