1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2009年5月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2009年5月号

金融市場

G20サミットを終えて-主要な論点と今後の課題

金融市場研究室 主席研究員 井上哲也

G20サミットでは、参加各国の各々異なる政治・経済情勢を反映しながら、大規模な財政支出や金融規制・監視の強化の面で一定の成果を残したほか、エマージング諸国の国際機関・組織での地位向上の面でも重要なステップとなった。

金融市場

ヘッジファンド規制の難しさ

研究創発センター 主席研究員 大崎貞和

金融危機後の制度再構築へ向けて、米国財務省が改革案を発表した。その中にヘッジファンド運用会社への登録制導入が明記されたことが注目を集めたが、市場の安定性向上に資する有効な規制をヘッジファンドに及ぼすことは容易でない。

リテールビジネス

逆境に遭遇した投信販売ビジネスの新たなる展開

金融市場研究室 上級研究員 金子久

ここ数年「貯蓄から投資へ」の流れを牽引してきた分配型投資信託からの資金流出が始まった。そこには単なる相場の下落以外にも構造的な要因が存在する。販売会社はこの危機を乗り切るためには、顧客の身になって運用の必要性や運用目的を考えるという投資商品販売の基本にまず立ち返るべきである。

金融インフラ

資金決済法の制定と電子マネーの進化

金融戦略コンサルティング一部 主任コンサルタント 上田恵陶奈

資金決済法案が国会に提出され、電子マネーでの制度改正と、送金の規制緩和が行われる。これを契機として、電子マネーが送金サービスに進出することが可能になるであろう。

海外トピック

今後が期待される英国リテール向けストラクチャード・プロダクト市場

NRIヨーロッパ アナリスト 西森美貴

金融危機の悪化に伴い、リテール向けストラクチャード・プロダクト市場は世界的に収縮傾向にある。その一方で、英国におけるストラクチャード・プロダクト発行総額は前年比25%増と成長が目覚ましい。商品組成上の工夫も相あい俟ま って今後、更なる発展が期待される。

数理の窓

中国ギョーザはお好きですか?

加藤友明

「とりあえず、中国製の食べ物は避けたい。何となく危険な感じもするので」
中国製冷凍ギョーザの中毒問題は、ギョーザだけの問題ではなく、中国産食品全体の需要にまで波及した。2008年の中国から日本への野菜輸入量は前年比で30~40%の落ち込みが見られたという。