1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2009年2月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2009年2月号

リスク管理

リスク管理の高度化とリスクコミュニケーション

金融ITイノベーション研究部 上級研究員

経営の質を高める「活きたリスク管理」には、「計測技術」と「管理プロセス」の高度化が必要であるが、今次金融危機を通して、改めて「管理プロセス」の向上が強く求められている。

リスク管理

低流動性商品の公正価値評価と課題

金融ITイノベーション研究部 主任研究員 甲斐俊吾

低流動性商品の公正価値の評価では、業界全体を挙げての算出手法のコンセンサス醸成と合わせて、個々の金融機関によるモデル価格の限界の把握が重要だ。

アセットマネジメント

多様化する物言う株主

金融市場研究室 上席研究員

近年、物言う株主と言われる投資家の存在感が増している。彼らは、Engagement活動と呼ばれる企業経営者に対する働きかけを積極的に行っている。多様な投資スタイルを取る物言う株主の姿を紹介する。

海外トピック

米国年金プランのLDI戦略

NRI アメリカ シニアコンサルタント 末吉英範

2000年代前半に欧州圏で誕生したLDI(Liability-Driven Investment)戦略が、米国企業年金プランの財務ルールの厳格化を背景に、米国でも盛んに議論されはじめたが、株価や金利の低迷がその投資行動に変化をもたらしている。

中国金融市場

中国QDII投信が本格的に発展するための条件

金融ITイノベーション推進部 上級コンサルタント 孫錫寧

2007年9月12日に、中国初の海外投資対象組み入れ投信(QDII投信)が発行されてから、一年以上が経過した。中国のQDII投信は、スタート当初の爆発的なブームから打って変わって、現在は静まりかえっている。本稿では、QDII投信の運用経過から、中国の海外資産運用業務の今後の動向と、発展の条件について考察してみる。

数理の窓

カジノのディーラーと勝負する

外園康智

あなたはカジノのディーラーだ。勝つことも負けることも70%以上の確率で操作可能だ。今夜はそれぞれタイプの違う三人の客相手に勝負を行う。