1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2008年9月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2008年9月号

金融市場

摘発が相次ぐインサイダー取引

研究創発センター 主席研究員 大崎貞和

課徴金制度の整備などによってインサイダー取引事件の摘発が増加している。再発防止策として株式取引の禁止などの厳しい社内ルールを整備する例もあるが、違法行為の抑止効果よりも、健全な投資を妨げる弊害が懸念される。

リスク管理

銀行監督指針改正に見るリスク管理規制の強化

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 小林孝明

2008年6月に金融庁より公表された、銀行向けの『総合的な監督指針』改正案は、金融安定化フォーラムの提言を具現化したリスク管理の規制強化へとつながっている。経営層へはリスク・ガバナンスがさらに強化され、リスク管理部門へはグローバルへの対応と、より高度なモデルの研究体制までが要請されている。

アセットマネジメント

アクティブ運用のコストと存在意義

金融市場研究室 上席研究員

2008年6月、トロント大学ロットマン年金経営国際センターでディスカッションフォーラムが開催され、米国株式市場全体でアクティブ運用はパッシブ運用に比べ平均して0.6%近くリターンが劣後しているとの調査結果が発表された。高いコストに見合うアクティブ運用はどのような役割を果たすべきか、実例を交えて考察する。

ホールセールビジネス

排出権取引導入で変わる経営戦略

事業戦略コンサルティング一部 上級コンサルタント 蓮池勝人

今後、企業は積極的に温暖化対策を行わなければならず、そこから逃れることもできない。排出権取引は企業が二酸化炭素排出削減を合理的に行い、“ゴミ”を“ゴールド”に変える経営戦略のツールになりうる。

海外トピック

英国FSAに見る規制制定プロセスの柔軟性

NRI ヨーロッパ 社長 近藤哲夫

英国の金融サービス機構(FSA)は、規制の制定に際してコンサルテーションペーパーを発出して広く関係者当事者の意見を吸い上げている。このプロセスは、当局と関係当事者との共通認識の醸成の点でも重要である。

数理の窓

最高得点を引き上げる秘密の方法

末吉英範

「履歴書に語学のスコアを載せなくてはいけない」、「語学のスコアが社内基準に届かない」。社会人でも試験に一喜一憂することが多くなったように思う。テストの得点を上げるにはどうすればよいのか?学習や経験を積むことによってスキルを高める、といった正統的な答えは敢えて脇に置いておく。この数理の窓のコーナーでは「実力を高める以外に数理の力で何とかする都合の良い方法」を考えてみたい。