1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. カテゴリから探す
  5. 金融市場
  6. 日本が取り組む金融イノベーション:電子記録債権

日本が取り組む金融イノベーション:電子記録債権

2008年3月号

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 片山謙

電子記録債権法が成立した。2008年12月までに施行される予定である。新たな類型の金銭債権を作り、その流通を促進するという、欧米に先例の無い金融イノベーションであり、手形の代替に加えて、売掛債権の流動化や、ローン契約管理の合理化など、幅広い分野での応用が期待される。

-本文はPDFをご覧ください-

※組織名、職名は掲載当時のものです。

印刷用PDF

Writer’s Profile

片山謙

片山謙Ken Katayama

この執筆者の他の記事

片山謙の他の記事一覧

注目ワード : 電子記録債権