1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. バックナンバーから探す
  5. 2008年3月号

金融ITフォーカス

金融ビジネスにおいて、制度変更への対応、経営の効率化・コスト削減に加え、付加価値の追求が常に求められております。この付加価値の源泉は、金融技術と情報技術の融合によって生まれると考えます。「金融ITフォーカス」は、そういった視点を取り入れ、金融ビジネスが大きく変化していく方向性をわかりやすく伝えます。
※組織名、職名は掲載当時のものです。

2008年3月号

金融市場

日本が取り組む金融イノベーション:電子記録債権

金融ITイノベーション研究部 上級研究員 片山謙

電子記録債権法が成立した。2008年12月までに施行される予定である。新たな類型の金銭債権を作り、その流通を促進するという、欧米に先例の無い金融イノベーションであり、手形の代替に加えて、売掛債権の流動化や、ローン契約管理の合理化など、幅広い分野での応用が期待される。

アセットマネジメント

企業にとって年金はコスト要因でしかないのか?

金融ITイノベーション研究部 副主任研究員 浦壁厚郎

企業年金の財政は、資本市場を通じて母体企業自身の評価に影響を与える。
企業は、年金制度を単にコストの一要因としてではなく、その財務戦略の中に積極的に位置づける必要があるのではないか。

リテールビジネス

欧州リテール銀行に見る店舗を中心としたクロスチャネルによるサービスの提供

金融ITマネジメントコンサルティング部 上級システムコンサルタント 内山浩一

欧州リテール銀行では、ネット、コールセンターなどの各取引チャネルを駆使してクロスチャネルでのサービス提供を行いつつも、店舗を中心とした顧客取引を行う方向にある。店舗を中心とした日本の地域金融機関にとって、今後のチャネル戦略を考える上で参考になるであろう。

リテールビジネス

英国のダイレクト保険販売におけるビジネスモデルの変化

金融ITイノベーション推進部 上級研究員 河合孝

英国のダイレクト保険販売において、オンラインアグリゲーターを経由した販売が増えている。この販売モデルは、日本のダイレクト保険販売の将来のあり方に関して、いくつかの示唆を与えてくれる。

海外トピック

逆風がチャンスとなるヘッジファンド立ち上げサービス

NRI ヨーロッパ アナリスト

ヘッジ・ファンド予備軍にとってファンドの立ち上げは苦労が多い。近年のコンプラ強化等による費用増大は更なる逆風ともなるが、立ち上げ支援業者等新たな事業機会を創出している。

数理の窓

心理学と人材マネジメント

野村智久

心理学というとどのようなイメージを持つであろうか。また、心理学を専門領域とする人に対するイメージはどうであろうか。