1. HOME
  2. 刊行物
  3. 金融ITフォーカス
  4. カテゴリから探す
  5. 数理の窓
  6. 桜の開花予想の使い方

桜の開花予想の使い方

2007年12月号

甲斐俊吾

例年、春先になると、気象庁から桜の開花予想が発表される。花見の予定を立てる際に重宝されるケースも多いと聞くが、そもそもこの予想がどのように行われているのかご存知だろうか。素朴に考えると、気象庁のベテランの担当官が、桜のつぼみを熱心に観察するシーンを想像してしまうが、実はそうではない。現在の開花予想は、スーパーコンピューターを用いた数理的な分析により行われている。

-本文はPDFをご覧ください-

※組織名、職名は掲載当時のものです。

印刷用PDF

Writer’s Profile

甲斐俊吾Shungo Kai

NRIプロセスイノベーション
データ・プロセッシングサービス部
標準化推進グループ GM

この執筆者の他の記事

甲斐俊吾の他の記事一覧